第16話 1994−1995年 音楽「From My Heart/米光美保」&「FOREVER /米光美保」

□「From My Heart/米光美保」:リリース1994年12月12日

□収録曲

Overture SUNDAY 6:00 PM

あなただけ感じて

海になりたい

Sleepless Dreamer

瞳の中の永遠

MOONLIT MERCY

Reanimation

Into the good time (EXTENDED REMIX TOKYO SPECIAL!!)

風のPAVEMENT

SUNDAY 6:00 PM (Album Version)

Bless Myself

あなただけ感じて (EXTENDED FULL POWER DIGITAL MIX!!)



□「FOREVER/米光美保」:リリース1995年10月21日

□収録曲

ナチュラル・フーズ

LABYRINTH

ILLUSION TOWN

It's just a moment -weariness-

眠れない夜

FALL IN LOVE,IT'S FOREVER

YA-DA

Feel of you (Album Version)

恋は流星 -SHOOTING STAR OF LOVE-

ひとりじゃないのよ




今回は2枚で一括りです。米光美保の2ndアルバム「From My Heart」と3rdアルバム「FOREVER」は共に角松敏生プロデュースで有り、この2枚揃ってこそ極上のシティポップスと言えます。


その米光美保さんとは誰でしょうですが、東京パフォーマンスドールでほぼ真ん中の人でした。またセリーヌ・ディオンのカバー曲「恋人よ TO LOVE YOU MORE」の日本語版も歌っていますので。聞いたことあるのではないでしょうか。


今回紹介の2枚のアルバムですが、何を言うか、当時に揃えていたのは「From My Heart」だけでして、もっと刺激的な音色あったらな…とCD棚の中に入ったままで、この辺りで米光美保さんとは一旦途切れる事になります。ここにはやや事情も有りますので後程。


改めて聞く契機になったのは、今となってはよく分かりませんけど、iPodが大容量化し、米光美保さんをAORのプレイリストに入れた辺りでしょうか。2000年以降の先進的な音楽は如何に音の粒を太くするのが流行りだったので、そのカウンターで聞いていたと思います。


その米光美保さん、聞けば聞く程希少な声質です。上と下の倍音が同時に出ています。

この2枚のアルバムの楽曲がオーソドックスなので、ああ上手いな、東京パフォーマンスドールでも一番上手かったし肝だったよな位の認識しかなかったので、或る日不意に、いや、これはとんでもないんじゃないか、他にどんな曲あるのかなと、気になっては中古盤とインディーズ盤を遅ればせながら集めました。個人的に外れは有りませんでした。声の衰えも伺えず首尾一貫したものです。



まあ話をちょっと戻し、2枚のアルバムのこれはとの好きな曲を上げますと。「From My Heart」では「SUNDAY 6:00 PM」、「FOREVER」では「恋は流星 -SHOOTING STAR OF LOVE-」でしょうか。


「SUNDAY 6:00 PM」は、確か日曜日夕方のテレ朝の「料理バンザイ」のメイン曲だった事も有り、あれ聞いた事あるかも知れないの方もいるかと思います。

曲調はバラード、歌詞は日曜日の夕方6時に彼を食事に誘うのですが、その20代女子の切実さたるや、米光さんしか出せないしっとり感と微妙な距離感は、彼女の独壇場ではないでしょうか。

この曲は当時から好きで、2ndアルバムにしてこの境地なのかとただ唸っていましたが、東京パフォーマンスドールの楽曲の方がまだ好きだったので、まだ彼女の本当の恐ろしさを知る由も有りません。


「恋は流星 -SHOOTING STAR OF LOVE-」は吉田美奈子さんの1977年のカバー曲に当たります。

今作はBPMも上がりグランドビートの仕上がりになっています。その雰囲気たるや、東京の夜の高速に乗ってる高揚感が有り、今日に至る迄何度となくリピートしています。運転している傍らで米光さんに語りかけられている親近感さえ覚えてしまうのはボーカリストの懐の広さでしょうかね。



尚、2ndアルバム「From My Heart」と3rdアルバム「FOREVER」ですが、現在は中古盤を探さずとも、新生東京パフォーマンスドールの活躍も有り、東京パフォーマンスの関連旧作として、 iTunes Store で検索する事が出来ます。

まあ改めて見ると、シングル曲は取りこぼしてる様なので、これは何時かの機会に。






そして後半戦。

まあ今思うと色々溜息です。実は私、米光美保さんのライブに行った事があるのですよ。


何時の話だっけけなと、確か休み日だったよな、ネットを検索したら…


-米光美保ライブ「Feel of you」 1995年11月3日金曜 新宿日清パワーステーション-


…の様です。


今以て、全く印象が良く有りません。


当時はたまたま11月3日の祝日だったので、ちょっと行ってみようかのノリでパワーステーションに入ったら、エントランスが凄いギスギスしていました。これはやばいなと思ってはただ身を縮めて、会場内の後方PA側に移動し待機しても、会場はギスギス感拭えぬまま、始まりましたよライブ。


ライブ始まったけど、音が凄い小さい、何でですの、バンドでしょう、何で小さいのとPAの方凝視しましたが至って平常営業。パワーステーションって、こんなに音が悪いのかとがっかりしては、ライブに身が入らず、とうとう1時間もせずに途中退場、パワーステーションを後にしては、歌舞伎町の方に食事に行っちゃいましたよ。


まあ貴重なライブに行ったものの、全然頭に入っていません。米光さんピアノ弾き語り出来るんだ、東京パフォーマンスドールの楽曲しないんだ位です。

そして、何でバンドで音が小さいんだよでただ翻筋斗打ち、これはもう駄目かなで、そこから米光美保さんとは距離を置く事になります。

そんな理由で距離置かれるのですから怖いですね、ライブって。


それ位我慢すればいいでしょうですが、どうしても辛抱出来なかったんですよね。

そもそも新宿日清パワーステーションって、日清本社の地下にあったのですよ。そりゃ爆音出せる分けないよなと。次いでにその音量なら1998年に閉館もするよなと。


いやそれよりも、改めてライブの行われた1995年なんですが、この年って阪神淡路大震災もあったし、地下鉄サリン事件もあったのですよ。こんな大事件あったら、どうにもギスギスする訳だったかなと。


あれから23年、記憶は途切れ途切れですが、ステージ上の小柄な米光さんを時折思い出します。またライブ行って貰いませんでしょうかね。お金に余裕があれば行きたいものです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー