第2話 1998年 映画「F」

□F:公開1998年3月14日

□製作会社:松竹・衛星劇場

□原作:F 落第生/鷺沢萠

□監督:金子修介

□脚本:松尾奈津/金子修介

□撮影:佐々木原保志

□照明:岩崎豊

□主題歌:素顔/渡辺美里

□出演者/羽田美智子/熊川哲也/村上里佳子/戸田菜穂久/野村宏伸


映画「F」。初見は偶然にもTBSの深夜映画でした。

深夜にテクノ楽曲を作る傍らでながらテレビ。あれ、何か見た事ないなと思いつつ、照明が自然な事と、ハウスの選曲良いなとか、脚本巧みだなと、つい最後迄見てしまって、小さいテレビで見ても実に巧みな映画だったなと。


物語は、例の如く端折ります。


照明は、バブル後の仄暗い東京の夜が表現されていて、あの時代を妙に懐かしさを感じられずにいられません。東京から夜が徐々になくなって行くノスタルジー好きですよ。

脚本も、兎に角ラジオの謎のDJ役の熊川哲也が喋り倒す。熊川哲也さん、あなたバレエダンサーですよね?一歩間違えば大事故の台詞の間と流暢さに降参です。

物語はばっさり端折って見所の最後のバレエ公演に驚愕。熊川哲也がバレエダンサーな事は知っていましたが、その跳躍力が凄い。飛ぶ、跳ぶ、いや翔るですね。空中に存在するのですよ熊川哲也。その圧倒さで群舞のムラが目立つ程、素人でも目が肥えてしまいます。

そして、最後のクレジットの曲「素顔/渡辺美里」。持ってかれました。当時渡辺美里から離れていましたが、映画に沿った切なすぎる曲が胸を打ちました。楽曲単体で聞いても名作ですが、映画を見たら尚胸にしみます。



ここから大切な事言います。実はこの映画「F」、DVDの再販されておらず中古が相当な額です。金子修介監督も再販難しいと何処かで見ましたので、列記したのに恐縮です。楽曲の権利問題とか原作者の状況とか推測されますが、考える程に再販はやはり難しいですね。


自分の場合、2度目のTBSの深夜映画を録画したのですが、ビデオからHDRに移行した際に処分してしまったので、今や記憶が頼りです。まあ、ケーブルテレビとかでひっそりやってくれる事を祈りますよ。


いやここまで引っ張って、映画が見れないなら原作「F 落第生/鷺沢萠」があるではないかですが…昔、気になって原作買って通勤中に読みましたが、読み進めても映画「F」が出て来ない、そうこうと読んでる途中で小説紛失してしまったので、はっきり言えませんが映画と原作は違う様です。ああでも、どこかで読み返さないと駄目ですね。

とは言え、そう、なんせ監督が金子修介です。「デスノート」「クロスファイア」等の様に映画サイズに見事収めてしまう達人です。やはり独立した名作ですよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー