第百話【びっくり、最終決戦です】


「大将、応援要請だ」


 私、ウンゲドゥル・ネーベルに近寄ってきたのは、腹心バッハフントが育てたエリート指揮官だった。


「どうした? まさか押されてるのか?」

「いえ、逆です。敵の防衛圧力が弱まったので、攻め手を一カ所増やして、一気に押し切りたいとの進言です」

「ふむ。順調だな。現在3方向から攻めているわけだが、もう一カ所増やして、敵の防衛戦力を分散させるのか」

「はい。こちらの前線も、もう崩れる心配は無いので、予備戦力を投入して欲しいとの事です」


 俺は満足して頷いた。

 それにしても、予定より大分早い。

 敵兵力を引きつけるのが主任務だった、正面門部隊が、攻勢を続けているというのは、いったいどれほど脆弱だというのだ。


「まったく。これなら例の城壁が崩れるのを待つ事は無かったな」


 スラム街となっていた地区の城壁が自然倒壊しそうだったので、毎夜、闇に紛れてその速度を上げていたのだ。

 そしてようやく十分な崩壊を確認したので、各地に散っていた部下、野盗たちをかき集めていたら……、城門が出来ていた。意味がわからない。


 これまで完全放置だったが、今さらこの街にテコ入れとは運が無かった。

 この帝国の皇帝は魔導師だ。恐らく人類最強の魔導師だろう。

 長い寿命のおかげで、子供が数え切れないほどいる。

 そしてその何割かは、同じく優秀な魔導師だという。

 今回派遣されてきた女魔導師もその一人だろう。


 まったくタイミングの悪い事に、王族の実績作りとかち合ってしまったのだ。

 返す返すも、ふた月早く行動するべきだった。


「ふん。今さらだな。よし、バッハフント隊が戻り次第、我が隊と合流し、城攻めに参加しよう」

「はっ!」


 なに、奴の事だ半刻もしないで、敵の増援を殲滅させてくるだろう。

 相手は冒険者なので、若干の被害は覚悟しておくべきかもしれんな。


 その直後の事だ。

 バッハフントを送った方向から、ばらばらと、兵士達が走ってくるのだ。

 一瞬、敵前逃亡を考えたが、どうも様子が変だ。


「おい! 誰でもいい! あいつらを連れてこい!」

「はっ!」


 すぐに部下がすっ飛んで行き、汗だくの兵士を連れてきた。


「あああ……ウンゲドゥル様……」

「お前、バッハフントが指揮していた隊の者だろう? 何があった?」

「そ……それが……」


 全身汗びっしょり、表情も恐怖に彩られていた。まるで敗残兵だ・・・・・・・


「ふん。水だ。飲め」

「は、はい……」


 がぶがぶと水を飲み込むと、ようやく少し落ち着いたのか、わずかに目に光が戻る。


「何があった?」

「その、敵が強くて、味方は総崩れ、さらに……バッハフント様が……」

「何? バッハフントがどうした? まさか怪我でもしたのか?」


 それで指揮が執れなくなった?


「いえ……敵に……敵に捕らえられました」

「何だと!? あのバッハフントが?」


 それでは逃げ出す者が出ても仕方ない。

 だが、それを良しとするわけにもいかない。


「よしお前! 新たに部隊指揮官に任命する! 今すぐ部隊を統率! 敵の侵攻を押さえろ! 可能ならばバッハフントの救出を……」

「ちっ! 違うのです!」


 俺が側近に指示を飛ばしていると、逃亡兵士が泣きそうなツラで叫んだ。


「ぶ……部隊はすでに半壊! 現在片端から敵に捕らえられているのです!」

「……何?」

「やつらは……奴らは化け物です!!!」


 そいつの魂の叫びと同時に、別の側近叫んだ。


「敵です! 新門側から敵の集団です!」


 俺は慌てて馬の背に立ち上がる。

 土煙を上げて、全力疾走してくる人影が一つ。その後ろに数人。さらに後ろに小集団。そのうしろに100程の冒険者集団!

 先頭のあれは、間違い無い。俺を軽くあしらった赤いメイドだ!


 まさかと思うが、王族一行が戦闘に参加しているのか?

 女風情が!


「俺が直接指揮を執る! 後詰めの全てと、城攻めから一隊回せ!」

「あれは農場攻めの時の悪鬼! わかりました! すぐに!」


 恐らく、功を焦った女の王族が、虎の子の護衛を送り込んで来た。そんなところだろう。

 なるほど、人外の強さを持っているのは認めよう。

 だが、所詮人だ。

 数で波状攻撃すれば、すぐに疲労する。

 人間というのは、全力を出し続けられるようには出来ていないのだ。

 全力で突出してくる馬鹿など、敵では無い。それにバッハフントとやりあっているはずだ。間違い無く疲労している。


「あの化け物を潰したら、すぐに残りを片付けて、バッハフントを救出するぞ!」

「はっ!」

「いいか! 油断するな! あの赤いのは帝国の虎の子だと認識しろ!」」

「わかってまさぁ! 若の剣を軽々と弾くような化け物相手に油断なんてしませんて!」

「若はやめろ!」

「ははは! 了解しました! 若!」

「貴様! 後で覚えていろ!」

「了解です!」


 軽口を叩く事で、兵士の緊張を和らげるその手腕は、なるほどバッハフントが育てただけのことはある。


「いいか! いっぺんに当たりすぎるな! 小隊で波状攻撃するんだ! 手を止めるな! 無理をする必要は無い! 一撃加えたらすぐに離脱!」

「「「はっ!!!」」」


 こうして、メイドVS新生ネーベル王国軍との戦いが始まった。


 ……そのつもりだった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます