第九十八話【びっくり、名案です】


「ふうむ。国際問題を避けつつ、参戦できる方法ねぇ」

「別に参戦しなくても良いのよ? 戦争が止められるのであれば」

「政治的根回しで、戦闘を避けるには、時間がなさ過ぎる。敵は目の前なんだぞ?」

「そうなのよねぇ」


 私は嘆息を天に吐いたわ。

 詳細は不明だけれども、昔に滅んでしまった王家の血筋が、復興の為に盗賊をしていたって……気持ちはわからないでも無いけれど、王族なんて公共事業の親玉みたいな仕事、なんで進んでやりたいのかしら?

 住民サービス大変なのよ!


 個人的には芸術関係の仕事をしたいんですけど、少なくとも作り手側にはなれなそう。

 その……私の前衛芸術が認められる日は無さそうなの。ぐすん。


 一度、ミレーヌ神聖王国の芸術家や評論家を集めて(王国にはそういう職業の人たちが沢山増えてるの!)私の絵画を見てもらった時の事よ。


「なんでしょう? この落書きは?」

「あれですか? 下手すぎる絵を取り締まる基準を作るお手伝いとかでしょうか?」

「それにしても……」

「ええ」

「これは酷い」


 予備知識無しで見てもらった反応がこれよ。

 ブルー! お盆は! お盆はダメよ!

 どす黒いオーラを背負ってお客様を笑顔で睨み付けるブルーを、慌てて押さえたわ。


「それは、ミレーヌ様の、作品で、ございます」


 怒りを抑えきれないのか、言葉の端々に殺気が載っていたわ。

 私にわかるレベルって相当よ!


「ほぎゃ!?」

「い! いやよく見れば、前衛芸術と言えなくもない輝きがあるようなないような……!」

「そ……そうですね! なんというか、人類にはまだ早すぎると言うべきか何というか……」

「いや、酷いだろ、これは」

「押さえろ!」

「おう!」

「うわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp」

「ええい、これだから若いだけの芸術馬鹿は!」

「と、とにかくその……ええと」

「そ、そうです! ミレーヌ様は余人に代えがたき鑑識眼がありますゆえ!」

「その通り! ミレーヌ様が芸術の守護女神である事に疑いはなく……!」

「しかり! しかり!」


 なんだかんだの末、全員一致で、私にはこれからも、芸術判定の指導をお願いしますという、よくわからない懇願で終わったわ。

 くすん。


「彼らは万死に値しますが、言っている事に間違いはありませんね」


 悲しくなるわ! ブルー!

 ……。

 話が逸れちゃったわね。この時は悲しい事件になってしまったけれど、美術館の設立や、コンサートの手続き。

 私はそういった仕事をして生きていきたいわ。

 え? やってるのはメイドだろうって?

 いやねぇ。そんなの当たり前じゃない。


 とにかく、王様なんてなっても、学校の敷設、上下水道の設置、税金の割り振り、苦情陳情処理、流民の住宅、食糧の流通貯蔵……。仕事の大半はティグレさんに投げているのに、それでもやる事てんこ盛りなのよ?

 一体何が楽しくて、国の経営なんてやりたいのかしら?

 私だって辞められるのならやめたいわ。くすん。


「手を出さないっていう選択肢があるぞ」

「それも考えたのだけれど、ティグレさんは、この町の防衛軍で守れると思いますか?」

「厳しいだろうな。兵の士気、練度もそうだが、前回の対応を見る限り、運用も期待出来ねぇ」

「つまり?」

「防衛軍の3倍どころか3割の兵力に落とされかねん」

「ですよねぇ」


 元が小城での防衛戦だというのに、ちっとも安心感が無いわ。


「帝国の援軍は」

「申請してないようでござる」

「でしょうねぇ」


 きっとこの町のお偉いさんは、軽く撃退出来ると考えているでしょうね。


「ダメね。静観という選択は無いわ」

「だな。いっそ、ミレーヌ女王として参入してみたらどうだ?」

「デメリットの方が大きいわよ」


 内政干渉にもほどがあるわ。


「そうなると、やはり、傭兵や冒険者に頑張ってもらうしかないな」

「私の私兵っぽく無いかしら?」

「商人が護衛を雇うのは普通の事だろ? 規模的に、拡大解釈な部分はあるがな」

「なるほど。あくまで農園の護衛だって押し通すのね」

「そうだ」

「でも、離れたイソボン農場の方は許可をもらいましたけれど、すぐそとのグリーン農場からは、護衛を引き上げるように言われているのよね?」

「ああ、だが、防衛隊が突破されたら、それどころじゃ無いだろうからな。グリーン農場へ送るつもりだったと言えば、どうとでもなる」

「そうね」

「ミレーヌ。前も言ったが、俺は今回、手を出さない選択肢を薦めるぜ?」

「内政干渉ですものね」

「そうだ」

「……なんとか回避する方法は無いかしら?」

「傭兵と、冒険者を送り込むのが限界だろう」

「そうよね……。ん?」


 農夫に紛れて待機してもらっている多数の冒険者に視線をやって、ぴこーんと閃いたわ!


「そうだわ! 私たちが冒険者になればいいのよ!」

「……は?」


 うん! 名案よ!

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます