第九十七話【びっくり、参戦です】


 一見胸がデカいだけのメイドだが、手にした大剣のそれと、背中に何本もの予備を見せびらかすように背負っているその姿は、歌舞伎者か英雄のそれだった。

 命と引き換えに絶対に倒す!


 だが、そんなバッハフントの希望は、欠片も叶えられることは無かった。


「はっ。気合いは認めるけどな」


 赤いメイドが大剣を一閃。それだけでバッハフントの剣は綺麗にたたき折られた。だが、バッハフントは躊躇無く剣を投げ捨てると、馬上からレッドに飛びかかった。

 これこそがバッハフントの本当の狙いだったのだ。

 自らの命と引き換えに、この化け物の首を掻っ切ってやる!


 しかし……。

 メイドがくるりと腕を回すと、バッハフントも空中で回転させられ、その勢いで地面に叩きつけられた。


「げはぁ!」

「おいおい、レディーに抱きつきたいならもっとジェントルマンにならなきゃだめだぜ?」

「ぐぅうう! この化け物め!」

「いいか良く聞け、ミレーヌ様は今の状況を大変にお嘆きだ。今すぐ戦闘をやめろ!」

「……ミレーヌ? 領主の名では無いな?」

「様を付けろよ禿げ助!」

「ふん。正体のわからん敵に付ける敬称などないわ!」

「この状況でその減らず口。嫌いじゃあないけどな。とにかく、兵を引け!」

「断る!」


 バッハフントは確信していた。いかにこの赤いメイドが英雄レベルの化け物といえど、これは戦争なのだ。ある程度の流れは変えられるだろうが、戦局に影響するとは思えない。


「ふん。殺したければ殺せ。貴様の足止めを少しでも出来たのだから本望だ」

「メイドは無用の殺しはしないんだよ。必要なら躊躇しないけどな」


 そう言って赤いメイド……レッドが手を上に向けた。


(これまでか)


 バッハフントは己の最後を悟ったが、どうしてかその時はなかなか訪れなかった。

 周りから副頭領を助けろとか、バッハフントさんを救出しろなどと、威勢の良い声が飛び交うが、直後に悲鳴にかわっている。

 最後だと思い目を閉じていたバッハフントが、薄めを開けると、彼を中心にぽっかりと空間が空いていた。


「なん……だ?」


 答えはすぐ側にあった。

 蒼いメイドを先頭に、神官服の女や、エルフの騎士。虎や猫の獣人に守られてゆっくりと進んで来たのは、まだ少女と言って良いような女だった。

 おそらく皇帝の親族と思われる女魔導師。

 その麗しい見目からも、王族の気品を感じられた。


「こんにちは。貴方がこの隊の責任者ですか?」

「お前は……、何者だ?」

「私はどこにでもいる、ごく普通で一般的な冒険者のミレーヌです」

「一般……普通?」


 命を削り合う本物の戦場のど真ん中に、怪我の一つどころか、白いカジュアルドレスに汚れ一つ負う事無く現れた人間を、一般人というのであれば、世界中の一般人という定義を書き換えてやらねばならないだろう。


「はい。ほんと、ただの新人冒険者ですよ?」


 その時、のんびりとバッハフントに話し掛ける女に、一斉に矢が浴びせかけられた。

 バッハフントも巻き込まれるが、素晴らしい判断だった。野盗などに身を落としたが、良い部下を持ったと誇りたくなるほどだ。

 自分の命も尽きようが、貴族か王族の魔導師をやれば、流れも変わるだろう。

 口元に笑みを浮かべて、女がハリネズミになるのを見物する事にした。


 だが。


「プラッツは右! レイムは左だ!」


 白虎の獣人が叫んだ。


「はい! 魔力盾マジック・シールド

「まかせろ! 魔力盾」


 魔力を煌々と放つ、いかにも強力な魔力の障壁が、彼らを中心に左右二枚展開された。


 早い!

 あれほどの魔術を一瞬で展開しただと!?

 しかも、目の前の魔導師ではなく、従者の神官と小僧が!?

 まさかさらに魔導士が二人もいるのか!?


 それが偶然だったのか、狙った物だったのかはわからない。

 一本の矢が、偶然二枚の魔力障壁の隙間に入り込み、敵の首魁ミレーヌに落ちていった。

 相手は魔導師。行ける!


 白虎獣人がそれに気付いて走り出す。

 が。

 それよりも早く、ミレーヌの横に控えていた青いメイドが反応した。

 手にしていた銀の盆をブーメランのように投げつけると、矢はあっさりと落とされた。


「不遜!!」


 手元に戻った銀の盆を、もう一度、今度は水平に投げつける。

 視界の隅で固まっていた弓兵隊十数名が、ただのお盆になぎ倒されたのは、目の錯覚か悪夢としか思えなかった。


 その青いメイドが、ゆっくりとバッハフントの眼前に立った。


「ミレーヌ様は、死者が出てしまった事、大変にお嘆きです。そして我々はミレーヌ様を悲しませたあなた方を許す訳にはいきません」


 三〇〇の兵士のうち、すでに一〇〇はなぎ倒されただろう。それも、死者が出ないように手加減されて!

 そして残りの二〇〇は、この小隊規模の集団相手に、動く事が出来ずにいた。

 それほど、圧倒的だった。


「もう一度、お願いします」


 困ったように、ミレーヌはバッハフントに話し掛けた。


「引いてもらえませんか?」


 バッハフントは壮絶な笑みを浮かべた。


「断る!」


 ぼがぁ!


 次の瞬間、青いメイドが、バッハフントの腹に強烈な一撃を加えた。

 一瞬で意識が飛ぶバッハフント。


「……」

「ミレーヌ様……」

「……レッド。ここの部隊を、お願い」

「任せろ! 行くぞおらぁ!」


 それまで囲んでいる敵を牽制していたレッドが、放たれた矢となって、敵の蹂躙を始めた。


「ミレーヌ」


 ミレーヌに近づいてきたのは、白虎の獣人ティグレだった。


「大丈夫だ。帝国兵五〇〇〇相手に死者を出さずに追い払ったレッドだからな」

「ええ。そうね。安全を確保したら、怪我人の治療をするわ」

「おう」


 ティグレはグッと拳を握りしめた。

 馬鹿な正規兵たちは、己の力量を勘違いして吶喊。彼らがフォローする間もなく全滅した。

 ミレーヌが近くの物言わぬ骸に近づき、開きっぱなしの瞳をそっと閉じる様を見て、ティグレとブルー。いや、そこにいる全員が決意した。


 こいつら全員半殺しだと。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます