第八十八話【みんなで、実戦なのじゃ!】


「あちきが来たからには狼藉は許さないにゃ!」

「ミケ、一人で平気か?」

「こんな雑魚、充分にゃ!」

「危なくなったら言えよ。アイーシャ立てるか?」

「ちっ! 近寄るんじゃないのじゃ!」


 アイーシャは慌てて立ち上がり、こっそり洗浄ウォッシュの魔法を使ったのじゃ。

 どこに使ったとか知らんのじゃ!!!!!


「なんだぁ? 獣人じゃねぇか。よくもまぁ人間様の街に出てきたな」

「おい、あっちの白い虎、強そうだぞ?」

「阿呆、こっちの人数を考えろ」

「それにこっちに来るのは、猫野郎だけだ。先に潰しちまえ!」

「猫獣人なんてメスでも売れねぇよ……ボコっちまえ!」


 男どもはどこからか、錆の浮いた短剣を取り出したのじゃ!

 ひぃなのじゃ!


「ミケ殿! 危ないのじゃ!」

「んへ? だいじょーぶにゃ。これでも|虎(グオ)種族と模擬戦も良くやってるにゃ」

「あああ! ミケ殿! よそ見したら……!」

「こんなんあたらないにゃ」


 こっちを見ていたミケ殿に、身体ごと突っ込んできた男を、確認もしていないのに、ひらりと躱したにゃ! ……のじゃ!


「えいにゃ」


 ミケ殿が姿勢を崩した男の首筋に手刀を入れると、あっさりと気を失って、その場に崩れ落ちたのじゃ。


「父上が、敵を気絶させるのはほぼ無理と言っていたのじゃが……」

「俺たちはそういう訓練をひたすら積んでるからな。あの程度楽勝だ」

「そういうものなんか?」


 うーん。ティグレ殿がそう言うのなら、そうなんじゃろな。

 ミレーヌ神聖王国では、あんまり深く考えない方がいいのじゃ。


「えいにゃ。えいにゃ」


 あっと言う間に6人が地べたに転がったのじゃ。残りの6人が逃げようとしたのじゃが、ティグレ殿が瞬間移動して、一人をとっ捕まえたのじゃ。

 ……見えなかったのじゃ。


「おっと、逃がさねぇよ。金を返してもらうぜ?」

「か! 返すから見逃してくれぇえ!!」

「憲兵かなんかに突き出しても、迷惑かもしれんな。お前ら、そこで転がってる奴を連れてけ」

「ティグレ殿? 無罪放免にするのじゃ?」

「国が違うからな。面倒事に突っ込む事もねぇだろ。ほら。もう街中で財布を取り出すんじゃねーぞ」

「……すまんのじゃ」


 賊が仲間を抱えて「覚えてろー!」と立ち去ると、周りからどっと感性が沸いたのじゃ。


「おお! あんたらすげぇな! 獣人は理性の無い奴ばかりだと思っていたが」

「そうなのか? 俺は別の国の出身だからな。その差かもしれねぇよ」

「いやいや、あいつら最近現れて、好き放題やってたんだ。礼を言うよ!」

「なに、成り行きだ」


 くそう、ちょっと格好いいのじゃ。


「大丈夫だったかにゃ?」

「ミケ殿のおかげで無傷にゃ……のじゃ」


 なんか口調が移るのじゃ。


「タオル使うにゃ?」

「必要ないのじゃあああああ!!」


 尊敬が一瞬でぶっ飛んだのじゃ!!

 ちゃんと微風ブリーズで乾かしたのじゃ!!

 

「おい、お漏らし娘」

「おっ!?」

「散歩するなとは言わねぇが、一人で行動するんじゃねーよ。言えば誰か一緒につくからよ」

「ぬ……ぐっ!」


 魔法でぶっ飛ばしたいのじゃ!

 でも助けてもらったのじゃ!

 ぬぐぐぐぐぐぐ!!


「さて、戻りたい所なんだが……」

「のじゃ?」


 なぜかティグレ殿が、ニヤリと笑みを浮かべたのじゃ。


「懲りないにゃあ」

「まったくだ」

「のじゃ? のじゃ?」


 ティグレ殿とミケ殿が向いた先に、なんとさっきの奴らを先頭に、50人くらい武器を持った男たちが現れたのじゃ!


「てめえら、俺の可愛い部下を撫でてくれたらしいな?」


 髭面の強面が、巨大なボロ剣を肩に背負って、出てきたのじゃ。


「お前さんの感性と、俺の感性は合わないらしいな。そいつらのツラに可愛げを全く感じねぇよ」

「……舐めてんのか? 獣人風情が」

「生憎俺の故郷じゃ、全員対等なもんでな」

「ほう?」


 ティグレ殿もなんで挑発してるのじゃ!? 逃げるか助けを呼ばないとなのじゃ!


「あちしの趣味じゃないにゃー」

「てめぇら……つまり舐めてやがるんだな?」

「なんだ、ちゃんとわかってるじゃないか」

「クソがぁ! テメエら! 構わねぇ! 殺しちまえ!」

「「「おう!!!」」」


 ぎゃーーーー!! 地煙上げて襲って来たのじゃああ!!


「動きが単調だっつーの」

「雑魚がどれだけいても雑魚だにゃー」


 ティグレ殿は、どう動いたのか、先頭の男の足を掴んで、軽々と持ち上げたのじゃ。

 そして、それを棒でも振り回すように、横薙ぎにして、突っ込んできた野郎共を吹っ飛ばしたのじゃ!

 どういう腕力をしておるのじゃ!!


「げべがっぱー!」

「ぎゃおー!」

「どわー!!!」

「えいにゃ! えいにゃ!」


 ミケ殿も負けじと、次々と賊どもをひっくり返しているのじゃ。


「ええい! アイーシャもやるのじゃ! 喰らえ! 空弾ウィンドバレット!!」


 これは非殺傷の護身用攻撃魔法じゃ。

 魔術学園で教えてもらえる数少ない攻撃魔法の一つじゃな。

 6つの圧縮された空気の弾が、賊を次々と打ち倒したのじゃ。


 ……防御魔法を使っていない人間とは、ああも簡単に吹き飛ぶのじゃな。


「お、やるじゃねぇか」

「ふ、ふん! アイーシャはベステラティンの人間じゃからな!」

「いいねぇ。じゃああっちの一団は頼むわ」

「任されたのじゃ! 空弾ウィンドバレットぅうう!!」


 ばったんばったん倒れていくのを見ると、爽快なのじゃ!


「なんだ、もう終わりか?」

「き……貴様ら……何者だ!?」

「ただの旅行者だよ」

「旅行!? 獣人が旅行!?」


 その驚きに関しては、ちょっとだけ賊の頭領に賛同出来てしまうのじゃ。

 1年前だったら、とても信じられなかったのじゃ。


「おう。まあ正確には護衛を兼任だがな……ん?」


 ティグレ殿がふと顔を別の方向に向けたのじゃ。

 いつの間にそこにいたのか、シノブ殿が立っていたのじゃ!


「ティグレ殿、兵隊が向かってるでござる」

「なに? 面倒事はごめんだな。逃げるぞ! ミケ! アイーシャ!」

「のじゃ?」

「失礼するでござるよ」


 アイーシャはひょいと、シノブ殿に抱っこされたのじゃ。

 なぜか大歓声を浴びながら、アイーシャたちはその場を離れたのじゃ。


 怖かったのじゃが……ちょっと楽しかったのじゃ。


「この台風娘が……」


 戻って説明したら、プラッツが頭を抱えたのじゃ。失礼な奴じゃな!


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます