第五十四話【私、おやつ味わいます】


「来たのは先触れですね。一週間後に、王都に使節団本体が辿り着くので、許可をいただきたいという事のようです」

「ああびっくりした。普通そうよね。それにしても一週間?」

「おそらく本体が大河を渡るタイミングで、先触れを出したのでしょう。帝国では無く王国の使節団ですので、かなり特殊なルートを移動しているものと」

「なるほどね」

「いかがいたしますか?」

「もちろん受け入れるわよ。正式な使者を追い返す訳無いでしょ?」

「わかりました」

「一週間か……。その間にコンサートとか観ておかないとね」

「……お仕事が溜まっております」

「最近ずっと忙しかったじゃないのー!」

「それは確かに……わかりました。どこかで1日なんとか空けましょう」

「さすがブルー!」

「ただし、こちらの書類を今日中に片付けていただけたらですが」


 目の前に詰まれたのは大量の羊皮紙よ。


「ええー……」

「こちらの意図していることではなくとも、他国の領土を切り取るような状況なのです。書類仕事だけですんで良かったなと、ティグレ様もおっしゃっていましたよ」

「そうね……戦争より良いわよね……」


 私は涙目で書類を一枚開封して、サインしたの。


「蝋封はお願いね」

「かしこまりました」

「それにしても……」

「なにか?」

「これってある意味で戦争じゃないかしら」


 減らない書類の山に、ため息しか出ないわ。


「戦争ならば、勝たなければなりませんね」

「私、戦争なんて大嫌いよ」


 しくしくと涙ながらに、頑張って書類を片付けたわ。

 芸術の為よ、ミレーヌ!


 ◆


「どうぞ」

「あーん」


 書類仕事で手一杯なので、葛とハチミツから作ったデザートを、スプーンで直接口に運んでくれるブルー。

 美味しいけど……、こんな片手間じゃなくて、ティーと一緒にゆっくり味わいたいわね。


「いかがですか? オレンジが気合いを入れて作ったそうですが」

「とっても美味しいわね。繁殖力の強い葛ですら、昔では貴重品だったものね」

「はい。いまや大量の葛粉が採れるほど育っていますから」

「そんなに?」

「はい。気をつけないと、葛で覆われるとグリーンが言っていました」

「良いのか悪いのか……」

「管理出来ているのですから問題は無いかと」

「それもそうね」

「では、こちらのデザートはレシピを販売しておきます」

「わかったわ……え?」


 配布じゃないの?


「いえ、販売です。難しいものではありませんが、レシピを知らなければ、簡単には作れませんので」

「別に今まで通り、教えて上げればいいじゃない」

「それが……ティグレ様が、ただでさえ税金を消費税しか取っていないのだから、こういうところで取っておけと……」

「ああ……」


 貨幣経済が根付いてきたんですもの。たしかに国庫の心配もしないとダメよね……。


「わかったわ。その辺は任せるわ」

「はい。ミレーヌ様御用達ということで、高く売れると思います」

「……それ、必要?」

「必要です」

「そう」


 なんだか、名前を便利使いされてる気がするわ……。

 まぁそれで上手く回るなら、甘んじて飲みましょう……。


「それでは、次にこちらをご試食ください」

「……え? もしかして、これって仕事だったの?」

「もちろんです」

「おうのう」


 まさか……貴重なおやつまで仕事だったなんて。

 上手く言えないけど、美味しさが半減よ!


「いりませんか? バナナと、チョコという南方の植物にたっぷり砂糖を混ぜた、にが甘いデザートがあるのですが」

「いります」


 私は頬を膨らませて、次を催促したわ。

 ブルー、ずるいわよ……。


 こんな感じで一週間を過ごす予定だったのだけれど……。


「ミレーヌ様、大変です。また使節団の先触れが来ました」

「え? 遅れるとか、早く着くとか?」

「いいえ。今度は帝国の使節団です」

「ええ!?」

「予定では王国の二日遅れで到着するようです」

「大変じゃ無い」

「はい」

「準備は始めてるの?」

「受け入れ準備はいつでも」

「なら、任せたわ。でも一体何しに来るのかしら?」

「そこまでは……」


 事前交渉無しの使節団は、ちょっと怖いわよね……。


「ミレーヌ様、明日一日自由時間に充てようと思います。ちょうどギターさんのコンサートがあるので席を抑えましたが、問題ありませんか?」

「あら! またやるのね! 気分的には最高よ! オーケストラも捨てがたいけれど、今は気合いを入れたいものね」

「それは良かったです。もう一つ朗報が」

「何?」

「あと10日ほどで、美術館が完成の予定です」

「あら! それは良いわね!」

「それで、美術館の館長が、開館式典をやりたいと」

「いいじゃない」

「もちろんミレーヌ様も呼ばれております」

「……ああ、そういう事ね。うんわかったわ。そうだ。ペカソさんの絵画を進呈しましょう」

「それは良い考えかと」

「警備計画はどうなってるの?」

「ティグレ様が万事」

「そう。……ティグレさん優秀よね」

「はい。顔に似合わず」

「そんな事言ったらダメよ」

「本心です」


 どうにも、ブルーのティグレさんに対する評価は厳しいわね。


「まぁいいわ。交渉が終わったらゆっくり美術館を楽しみましょう」

「そうなれば、良いですね」

「え?」


 その時の私は話し合いが一日で終わると勘違いしていたの。

 そうよね。私、国家元首なのよね……。

 一日で終わるわけが無かったのよね……。


 こうして私たちは準備万端で、ガルドラゴン王国の使節団を受け入れたわ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます