第十六話【私、育ててます】


 プラッツ君から爆弾発言が飛び出したなう。


「えっと、魔術士が回復魔法を使えないって言うのは宗教的な理由とか?」

「よくかわからいけど、魔術士は使えないって師匠は教えてくれたぞ!」

「じゃあ使っちゃダメって事じゃないのね?」

「もし両方使えたら、えばれるんじゃねーか?」


 ふーむ。

 少し悩む案件だけれど、このあたりは隔離されてる感覚があるし、なにより、治癒系をレイムさんしか使えないのは不安だわ。


 あ、ちなみに。

 ダークとグリーンは軽・治癒マイナー・ヒール

 ブルーは治癒ヒールまで使えるわ。ただどうしてもメイド人形は魔力が少ないから連発は出来ないけどね。

 ただ、最悪の場合には魔核が手に入るから、魔石にして使わせられるのが心強い。


 そういえば、ゴブリンから手に入れた魔核。品質は|(なぜか)良いけど、大きさはかなり小さかったわ。これは全部生産系に回す予定よ。


「じゃあ、えばれる魔術士になっちゃいましょうか」

「本当に俺に使えるのか?」

「基礎は出来てるはずだから、頑張れば出来るわ。じゃあ術式を可視展開するからちゃんと覚えるのよ」

「ええええええ!?」

「こ、今度は何!?」

「ま……魔術式を可視展開!? で、出来るのか!?」

「え、ええ……」


 魔導士なら誰でも出来るわ。魔法士だとちょっと厳しいかしら?


「すげぇ……お師匠ですら出来なかったのに……」


 ……そのお師匠様大丈夫かしら?

 単純に秘匿してるだけ?

 ここで考えても答えは出ないわね。


「じゃあいくわね」

「お、おう」


 空中に軽・治癒マイナー・ヒールの術式を展開した状態で固定。可視化魔術を割り込ませると、手のひらの前に、うっすらと緑色に魔力発光する術式が浮かび上がった。


「すげぇ……って、なんかめちゃくちゃ複雑じゃね?」

「初めて見るからそう感じるんじゃない?」


 そういえば、レイムさんが使っていた軽・治癒マイナー・ヒールの術式、少し変だった気がするわね。

 私は料理の手伝いをしていたレイムさんを呼びだした。


「ねえ。ちょっと軽・治癒マイナー・ヒールの術式を見せてくれる?」

「え!? その……」

「あ、もしかして宗教的に問題があるとか?」

「はい……すいません……」

「ならいいのよ! そうだ、良かったらあなたも覚えてみる? 私流の軽・治癒マイナー・ヒール。あなたはヒールって言ってたけど、恐らくこっちの方が魔力効率が良いわよ」

「え!? い、良いんですか? それにしてもミレーヌ様は凄いです。攻撃魔術も治癒魔術も使えるなんて聞いた事がありません」

「そ、そう? ちょっと独特なんだ、私の魔法」


 とりあえずこれで押し通そう。

 レイムさんも魔法の基礎はあるから、ぜひ生活魔法セットを覚えてもらいたいわ。


 二人に術式を見せると、賢明にそれを発動させようと繰り返す。

 なんとなく微笑ましい。

 お姉さんになった気分ね!


 ◆


 二人にはそのまま練習させておいて、私は村を見て回る。

 新しい服はとても動きやすくて良いわね。


「おや、女神さまじゃ。何かご用ですじゃ?」

「いえ、ただの見廻りですよ」

「それはありがたいですじゃ」


 妙に崇められてる気がするわね……。

 考えてみるとファーストコンタクトで敵認定される可能性だってあったのだから、これはこれで良かったのかしら?

 私が手を振るとみんな笑顔で手を振り返してくれた。


 うん。

 凄く良いわ。

 戦争時の街とか、もの凄いギスギスしてたから。

 私の中に保護欲に似たものが生まれたのはこの頃かもしれない。

 みんな笑顔が一番の芸術よね!


 ◆


 それから半月くらいは、村民の為に忙しく動き回ることになった。

 ……私も働いたわよ? ちゃんとたまにプラッツ君とレイムさんに魔法を教えたりしたんだから。

 その甲斐あって、プラッツ君は2回に1度、レイムさんは7割くらいの確率で軽・治癒マイナー・ヒールを使えるようになった。

 レイムさんが使っていた謎ヒールに比べて魔力効率は三倍以上ある上に、威力も上なのでレイムさんはやたら喜んでいた。


 もっとも効果を確認しようにも怪我人なんていないんだけどね。

 ブルーの報告だと、プラッツ君は深夜に自分の腕を傷つけて治癒するという特訓をしているらしい。

 男の子は無茶するわね……。


 畑には、金属製の農具が配備された。鉄の鍬でより深く地面を柔らかくする事で、美味しい作物が育つことだろう。

 そして今、最大の楽しみは麻である。

 育ちが早く、大量に収穫できるのだが、食べ物ではない。やや固めではあるが、繊維が取れるのだ!

 つまり!

 糸や布や紙が出来る事を意味するの!

 やった!

 

 現在はグリーンが品種改良しつつ、育つのを待っている段階よ!

 すでにオレンジは機織り機を完成させているわ。

 もちろん一部の村民には糸造りから機織りの練習をさせている。これは野生の物を使っているわ。

 試作品は村長さんに差し上げたのだけれど、大変に喜ばれたわ。


 なんだか文明を凄い早足で駆け抜けているみたい。

 次は染色かしら?


 魔核に関してはちょっと足踏み状態。

 ダークがなかなか遠出を出来ない関係で、ヴォルヴォッドをまるで狩れていないのだ。たまにいるゴブリンで畑の分は補っている感じね。

 まさか魔物に出てきて欲しいと思う日が来るなんて自分でも驚きだわ。


 なおニワトリさんは順調に増えているわよ!

 卵美味しいです!|(はぁと)


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます