幕間

幕間【私、できるもん】


「うあー」


 目が覚めるて、布団から身体を起こすと、いつもの日の位置とは随分とずれていた。

 とりあずスリッパでぺったらぺったら歩き出すが、何か調子が出ない。


「ああそうか、ブルーがいないんだったわ」


 ぼけらーっと神殿のホールに向かうが村人は誰もいなかった。

 外に行くと太陽は真上だ。

 日の出と共に動き出すのだから誰もいないのは当たり前だろう。


「ゆっくり寝たわー。ふあー」


 噴水で顔を洗って、そのまま石畳の道を歩き出す。


「おや、女神様。おはようだにゃ」

「あらミケさん。おはよう」


 村人が交代で神殿の護衛をしてくれているのだが、今日はミケさんも参加していたのだろう。さっそく村に溶け込んだようで何よりだ。


「そんな格好でどこ行くにゃ?」

「そんな格好??」


 自分を見下ろすと寝間着だった。

 私はそのまま自室に回れ右した。


 ◆


「おはようございますですじゃ女神様」

「おはようプルーム村長。良い天気ね」

「ええ。まっこと良い天気ですじゃ」

「おはようございますですじゃにゃ女神様」

「ブチ長老もおはようございます」


 村の広場でプルーム村長とブチ長老が二人で話し合いをしているようだった。

 まだまだ決めることは沢山あるのだ。


「女神様は今日は何をするのですじゃ?」

「そうねぇ。そうだ! 狩りにでも行きましょう!」

「狩りでございますじゃ? もう狩人たちは出掛けてしまいましたですじゃが」

「いえ、たまには一人で」

「一人でですじゃか?」

「ええ。これでも自分の身くらいは守れますから」

「うーん。しかしそれは……誰か村の人間をつけますじゃ」

「大丈夫大丈夫」


 私は手をひらひらと振って、ジャングルの中にてくてくと入っていった。

 背後で慌てて村長と長老が人を呼びに行ったようだったが、気にしない事にした。


 村の周辺は切り開かれ、一部では畑が広がっていた。

 今では芋だけでなく、麻やバナナ、にんじんにかぼちゃ。カリフラワーにレタスなんてのもある。

 全て原種をグリーンの農業魔法で改良したものだ。全てが害虫に強くこの気候に合わせて育つようになっていた。

 幸い水は豊富なので、畑さえしっかり耕せばどれも立派に育ってくれる。


 もっとも雑草取りや、時期毎の植え替えなんてのも必要らしく、その辺はグリーンが上手くやってくれている。

 もちろん村人の協力あってこそだ。今は猫獣人の農家もいるが数は少ない。やはり彼らは狩猟の方が向いているらしく、そのほとんどは猟師や警備を役割としていた。

 特に料理は壊滅的で、料理人に猫獣人は一人もいない。


 そんなのどかな風景を横目に、私は森の奥へと足を踏み入れていった。


「良いわねー。自然が沢山あるのは」


 昔は自然も随分減っていた。

 みんな薪や武器に転用されていたからだ。投石機ひとつ、軍艦一隻作るのにどれだけの森が消えたことか……。

 私は護身用のナイフでシダ類を適当に切り裂きながら進んでいく。


 10分も進むと腕が疲れたので村に戻る事にした。


 ◆


「ふえええ~怖かったよ~」


 私が救出・・されたのは日が暮れてしばらくしてからのことだった。


「昼飯にも戻ってこなかったから、探しに出て正解だったぜ!」

「ごめんねープラッツ君ー」

「まぁ無事で良かったよ。おーい! 他のヤツに見つかったって連絡してくれー!」

「「おー!」」


 村人総出で私を探してくれていたらしい。


「あんたは村から外出禁止! わかったな!」

「はーい……」


 まさかプラッツ君に怒られる日が来るとは思わなかったわ。

 私はトボトボとみんなに連れられて村に戻っていった。

 お腹減った……。


 ◆


 次の日、朝からミケさんが迎えに来てくれた。


「おはようございますにゃ」

「はい。おはよう。何かあったかしら?」

「みんなに迷わないよう迎えに行くように言われたにゃ!」

「……」


 うん。信用されてないわね。

 さすがに道のちゃんとある村までは迷ったりしないわ……とは言えなかった。


 その日の午前中は、プラッツ君とレイムさん。それと魔法に興味のある数人に授業を行ったわ。


「うん。プラッツ君、軽・治癒マイナー・ヒールは完璧になったわね」

「へへっ。俺は天才だからな!」

「レイムさんも着火イグニッションの成功率が上がっているわね」

「はい。でも本当に治癒魔法以外を使えるようになるなんて……やっぱりミレーヌ様は凄いです!」

「あなたが頑張っただけよ。他の人も読み書き頑張ってね」

「「「はい!」」」


 試作品の麻を使った紙のノートに練習を繰り返す村人たち。この調子なら数ヶ月で着火イグニッションくらいは使えるようになるかもしれないわね。

 やはり学習意欲のある人は覚えも早い。

 猫獣人さんで魔法を覚えようとした人もいたのだが、読み書きが必須と聞いてみんな逃げちゃったわ。

 うーん。この村の人は全員義務化したいんだけど。最初は読みだけにしておきましょう。


 お昼ご飯を食べ終わって、暇になる。

 いつもなら村を見回ったり、お昼寝したり、くつろいだり、お昼寝したり、魔法の練習をしたり、お昼寝したり、研究をしたり、お昼寝したりするんだけど、その日は夜ご飯の仕度を始めた大男さんが気になってしまった。


「こんにちは。ゴードンさん」

「お、こんちには、女神、様」

「どう? 上手くやれてる?」

「うん、俺、頑張ってる」

「それは良かったわ」


 料理は最初ブルーかオレンジが作るか指示していたが、今ではもう料理人だけで作っている。

 今では美味しい料理が作れるようになり、レパートリーも豊富だ。


「それは何?」

「新作、試してる」

「あら……面白そうね。私もやろうかしら」

「女神、様が?」

「ええ」


 私は近くの包丁とお芋を手に取り、皮を剥いた。

 自分の。


「うひゃああ!?」


 私の悲鳴を聞きつけて、村にいた住民がすっ飛んできた。


「ああ!? 女神様!」

「血が! 女神様が怪我をされてしまった!」

「神官! 神官を呼べ!」

「待て待て! みんな落ち着け! このくらいなら俺が治せるから! ほら! 見せて見ろ! 軽・治癒マイナー・ヒール


 すっ飛んできたプラッツ君がすぐに怪我を治してくれた。遅れてやって来たレイムさんもほっと胸をなで下ろしていた。


「ありがとう、プラッツ君」

「いいか! あんたは今日から包丁を触るの禁止だからな!」

「はーい……」


 なんか凹むわ……。


 ◆


 それから数日、畑仕事も狩りも料理も土器造りも鍛冶も全て禁止された。


 解せないわ……。

 早く変えてってきてブルー!


 そして後日、帰ってきたブルーに、部屋の惨状を説教されるのでした。まる。

 ……とほほ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます