第三話【私、闘います】


 ある日、ジャングルに足を踏み入れたら、熊さんならぬ魔物モンスターと出会ってしまった。

 その熊さん……じゃなくて魔物の名前はヴォルヴォッド。

 猿かゴリラに似た体躯と、サイの頭を持つ凶悪な魔物モンスターで、良質の魔核を持つレアな魔物だった。


「き……きゃあああああああああ!!」


 しばしお互いの目が合ってしまい、お互いに見つめ合ってしまった。

 全然ロマンチックな出会いじゃ無いわ!


 キョトンとしていたヴォルヴォッドが、途端に低い唸り声を辺りに響き渡らせた。

 ぐおーっという恐ろしい雄叫びに、思わず身体が硬直する。


 向こうも慌てたのか、手にしていた太い木の枝を私に投げつけてきた。

 それを避けられたのは偶然だった。


 恐怖で腰を抜かして、地面にすとんと尻餅をついたのだ。枝が頭上をカスって飛んでいった。


「うひぃ!!」


 そ、そうだ!

 攻撃魔術!


 殆ど使った事の無い術式を頭にイメージしようとするが、パニックでまとまらない。


「ぐをぉおおおおおおお!」


 再びヴォルヴォッドが吠えた。

 だが、それが悪かった。

 もし魔物がそのまま私に襲いかかってきていたら、なすすべも無くやられていただろ。

 しかしその僅かの時間が、なんとか脳裏に術式を組み立てる時間となった。


「ふぁ! 炎槍ファイアージャベリン!!


 突き出した腕の周りに、12本の炎の槍が具現化し、それがことごとくヴォルヴォッドに火の粉を上げて飛んでいき、次々と魔物を串刺しにした。

 身体の内側まで深く刺さった炎の槍が、ヴォルヴォッドを一瞬で消し炭に変える。

 恐らく10秒もかからなかっただろう。


 戦争用に開発された炎槍は発動が早く、高威力という、大変殺傷力の高い魔術だった。


「た……倒した……わよね?」


 私は起き上がろうとして、コケた。

 腰に力が入らなかったのだ。


 しかし消し炭になったヴォルヴォッドを見て安堵した。

 が。

 それには少し早かった。


「ぐう゛ぉおおおおおおお!!」


 それは私のすぐ後ろからだった。

 背筋が泡立つ。

 振り返るまでもない、別のヴォルヴォッドだった。


「しまった! ヴォルヴォッドはグループで行動するんだったわ!」


 ヴォルヴォッドの習性に、家族単位のグループで行動するというのがあることを、すっかり忘れていた。

 醜いサイの様な顔が、私のすぐ目の前にあった。


 終わったわ。


「ミレーヌ様!!」


 ずがしゅっ!

 目の前にあったはずのヴォルヴォッドの額に石槍が刺さり、その勢いで真横にすっ飛んで行った。


「このっ! 不埒者めがっ!」


 投擲した石槍から、石斧に持ち替えたブルーが、電光石火の素早さで私を守るように立ち塞がると、その石斧を振り下ろし、一発でヴォルヴォッドの頭蓋骨を粉砕した。


「大丈夫ですか!? ミレーヌ様!」


 私は無言で、こくこくと頷いた。

 さらにブルーは私のからだを隅々まで触りながらチェックする。


「良かった……ご無事で……本当に何よりです」

「う、うん」

「お手をどうぞ、この場を離れましょう」

「そ、それより、魔核を拾って頂戴。ヴォルヴォッドの魔核は喉から手が出るほど欲しいわ」

「しかし……」

「大丈夫よ、あなたがすぐそばにいるんですもの。それより! はやく!」

「は、はい」


 ブルーが数歩離れたのを確認すると、私は自分に回復ヒールの魔法を掛けて、無理矢理起き上がる。その場をちょっと移動してほっとため息をついた。


 じゅうじゅうと音を立てて溶けていくヴォルヴォッド。魔物は死ぬと形を保てなくなる。これが一般的な生物とは決定的に違うところだ。

 だが基本的に骨や牙、爪などは残る。


 そして魔物心臓とも言える魔核も残る。


「ミレーヌ様。魔核を二つ手に入れました」

「ほんと? それは良いわね」


 私に魔核を手渡しながら、ブルーが余計な事を言った。


「大丈夫ですよ。ミレーヌ様」

「なにが?」

「葉っぱのビキニですから、いくらでも替えは用意出来ます」

「馬鹿ああああああああああああああ!!!」


 私は顔を覆って走り出してしまった。

 貴重な魔核を放り投げてだ。


 うん。

 ちょっとよ、ちょっとだけだもん!


 私がへたり込んでいたところが湿っていたのは、宇宙最大の秘密なのよ!!


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます