280 秘密基地→イグの住処




 翌日、シウは転移で秘密基地へ向かった。全員で、だ。

 そこにはシュヴィークザームが待っており、ククールスとも顔を合わせた。実は、ククールスとアントレーネを連れてイグのところへ行こうと思っていたのだが、二人が怖いというので、シュヴィークザームも一緒にと持ちかけたのだった。

 シュヴィークザームは、

「我よりも好きなようにやっておるのではないか?」

 と、シウにチクリと言うので、それもそうかと二人に謝った。

「いや、あの、シウ様に謝られると……」

「まあ、俺もそろそろお前の無茶振りに慣れなきゃとは思ってるんだぜ。ただ、ほら、相手がドラゴンって言うからさ」

 ロトスは、だろだろ? と我が意を得たりと頷いていた。


 昨日の話をしながら皆で転移することになった。

「改めて思うけど、こんなに大勢でも転移できるんだな」

「そうよ、おぬしは本当に規格外だ」

「だよねーだよねー」

「やはり神の愛し子だからだね。シウ様はすごいよ」

 と、人間組(半数は聖獣)が言うと、希少獣組も会話に交ざってきた。

「にゃにゃにゃ」

「きゅぃー!」

「ぎゃぅ?」

 順番に、「シウはすごいよー」「好きなの!」「何が?」である。

 それぞれ可愛くて面白いので、シウは頭を撫でた。



 転移の前に、一度通信で連絡は入れた。

 以前のように驚かせても悪いし、鏡に向かってうっとりしていたら悪いと思ったのだ。

 しかしまあ、シウもそうであったように、自分の前に突然転移で現れるというのは心臓に悪い。イグは相変わらず宝石を手にして、岩の上で固まった。

([……そうか、来ると言うておったな])

 念のためククールスとアントレーネは少し離れた場所に転移させたのだが、二人共めまいを起こしたかのように、その場に手をついて倒れ込んでいた。

「な、言っただろ? こうなるんだよ、普通は」

「大丈夫か、おぬしら」

 ロトスとシュヴィークザームがにやにやとしている。

「にゃにゃ」

「きゅぃきゅぃ」

 フェレスは、どうしたの? と聞いているが、クロは大丈夫なのかと心配げだ。

 ちなみにブランカはもう慣れたらしく、わーいとイグに走り寄っていた。

「ぎゃぅぎゃぅ!」

([そうかそうか、ほれ、また小川へ行くが良い])

 田舎に帰ってきた幼児と老爺のように見えるが、ブランカは「黒トカゲだー」と言っただけである。もちろん、言葉の裏に「懐かしい生き物に会えた!」というのが混ざっていたからこその、小川へ行っても良い、という返事なのだが。

「イグ、僕の仲間を連れてきたんだけど、もうちょっとしてから紹介させてね」

([うむ。ああ、どうやら思念も伝わるようだ。無理をさせずとも構わぬぞ])

「言葉を交わしてないのに?」

([以前もそうであったろう? おぬしと繋がったので、他のものとも繋がりやすいわ。念話で話す癖をつけておるだろう? 波長が合うのだ])

「へえ、そうなんだ」

 そう言えば、ロトスやシュヴィークザームとは古代語でもなく会話になっていた。

 彼等が聖獣だからだと思っていたが、そうでもないようだ。

「そっか。イグが古代竜だからだね。上位の存在は下位に合わせられるんだ」

([うむ])

 喉を膨らませているので、何か楽しかったらしい。

「じゃあ、僕はちょっと二人を見てくるね。ブランカのこと見ててくれる?」

([承ろう])

 右前足を顔の前に持ってきて、左足を少し屈伸させる。どうも人間の仕草を真似したらしい。ジョークのつもりらしかったので、シウもよろしくと手を上げて合わせた。

 それを見ていたロトスがシウを叱ってきたので、ジョークの説明をするという苦行をすることになってしまった。


 ククールスは冒険者という経験からか魔獣と対戦することも多く、威圧にはなんとか耐えたようだ。ただ、アントレーネは魔獣よりも対人戦が多かった。そのためダウンして、しばらく横になっていた。

「ごめんね、大丈夫?」

「いえ。情けないね、あたし。……シウ様、申し訳ない」

「こっちこそ、ごめん。あれでも、前よりずっと威圧を抑えてくれてるんだ」

「あれで……」

「たぶん、レーネは獣人族で力もあるからこそ感じ取りやすいんだと思うよ」

 慰めたことが分かったらしく、アントレーネは困ったように笑うと腕を額に乗せた。

「あたしは、まだまだだね」

「ええと、古代竜が相手じゃあ無理だよ」

「それをシウが言うかー」

 ロトスが混ぜ返す。彼はアントレーネのもう片方の腕を取って、振った。

「安心しろって。俺も最初はビビりまくったし。ドラゴン相手に平気だったの、シウとフェレスだけだぜ」

「おーい、ロトス、そこにブランカも入れてくれや」

「なんでさ、兄貴」

「あいつ、さっきドラゴン相手に『黒トカゲだー』つってたぞ」

「マジかよ。てか、兄貴いつの間にブランカの言葉が分かるようになったんだ?」

「いや、割と前から分かるようになってたぞ。あれだ、フェレスがわけわかんないこと言うから通じてなかっただけだ。……まあ、お前が来た頃からかな。だんだん分かるようになったの」

 などと二人は会話している。

 寝ていたアントレーネは大分マシになってきたようだ。

 ゆっくり起き上がり、ずっと傍に付いていたクロにお礼を言っている。

 フェレスはシウと交代するかのように離れていったので、アントレーネのところに最後までいたのはクロだけだった。シュヴィークザームももちろん、小川へ行ってしまった。

「ふう。なんとか落ち着いてきたよ」

「お疲れ様。イグは気にしてないって言ってるし、とりあえず休んでて」

「いや、ご挨拶だけはしておきたい。……シウ様、一緒に行ってもらえるかな」

「いいよ。手を握ってようか?」

 シウとしては冗談のつもりだったのだが、アントレーネはお願いしますと真面目な顔だった。


 ククールスも挨拶するなら一緒にと言うので、これも冗談で手を出したら、何故か握ってきた。

 立ち直りは早かったようだが、彼は彼でかなり緊張しているらしかった。

 幸い、イグはそうした態度には慣れているようで、気にしてないと前足を振っていた。

「あ、あれは気にしてないっていう人間のフリをしてくれてるんだ。意外と人間くさいんだよ。どこで学んだんだろう、面白いね」

「シウ、お前ってやつは……」

「シウ様……」

「え?」

([おぬしらも気にせず、ささ、小川で宝石取りでもするが良い])

「え、いや、俺は……」

「あたしも、古代竜様の宝物には――」

([ここにあるのは、零れ落ちたものよ。構わぬ。ほら、子らも楽しげであろう])

 そう言って小川に視線を向けると、確かに三頭がきゃっきゃと楽しく騒いでいた。

 違う、五頭だ。

 アントレーネがシウと手を繋いだあたりから、クロも参加していたが、問題はそこではない。ロトスもまだ、成獣になったばかりだ。そこも良い。きゃっきゃと楽しそうにしている中に、年齢八十超えの聖獣の王が混ざっていることだ。

「……まあ、何千年も生きてるイグも楽しんでるんだから、年齢は関係ないか」

 思わず呟いてしまったシウである。


 冬の寒い中、小川に入って宝石探しをするような気になれなかった人間二人は、シウの手伝いをするからと言い訳して川へは入らなかった。

「じゃあ、ご飯の用意でもしようか」

「あたしは狩りに行ってこようかな……」

「あ、俺も行く」

 なんだか毒気を抜かれたかのように、二人はふらふらと結界の外へ出ていった。

 結界の外は真冬だ。イグの住処は地熱もあって――本獣の力もあるだろうが――雪は積もっていない。

 が、少し離れると雪が増え、やがてアイスベルク周辺と同様に深い雪の中だ。

 シウだけ、後でウィータゲローへ行くつもりだが、そこも極寒の地となっているだろう。

 アントレーネもククールスも真冬装備だったが、念のため各自の首輪や手袋に、温度調節の魔法を付与している。温かいフード付きのローブも渡しているので大丈夫だろうが、シウは少し心配である。

 せめてフェレスかブランカのどちらかが付いていれば良いのだが、なにしろ二頭とも嬉しくてしようがない。湧き出る泉は冷たすぎず、彼等は潜ってまで宝物を探していた。

「時々、感覚転移してればいいか」

 脳内レーダーもあるので、二人の様子を見ながら、シウはのんびり昼食の用意を始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます