またも狂犬の苦悩にキツネは笑いけり

作者 夏炉冬扇

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

前作からの続きということで*
楽しみに拝読しました*

元気なミコトに会えること、

また、クズとのやり取りが続くことは*
嬉しく思います。


人物たちの生き生きした様子は、
拝読していて、元気をもらえる気がします。


ミコトの中の心情、
これまでの生き方と、変化。

戸惑いもまた、リアルに感じます。


新たな事件の幕開けと思いながらの・・*
思わぬ展開*


現れた少女もまた可愛いです*

丁寧に描かれるミコトの描写、

リズミカルな会話が*

軽快な物語の世界に惹き込みます*


伊予の想いは・・*



ミコトちゃんのノルマが達するには時間がかかりそうですが*v

お応援したくなります*
ファイト*

★★★ Excellent!!!

まずは前作を読みましょう。そう、この作品は続編です。
主人公は女子高校生で外見も小柄で可愛らしいキャラなんですが、内面は狂犬であります。正義感(彼女の中の正義)が強く、ケンカも強い。おまけに人情が厚い。では、何故そんなキャラクターがキツネに取り憑かれたのでしょうか? 是非、前作から読んで頂きたい作品です。