第肆話 蛇の巣


 灯りが一つだけ灯された暗い場所。家の中なのか、洞穴の中なのかはわからない。そこで女が三人、トラを囲んでいた。一人は黒い装束を纏い、二人は白い衣を纏っていた。白い衣を纏った二人は医者だった。


「これで大丈夫な筈です。じきに動けるようになるでしょう」


 女の医者は目が見えぬようだった。しかしこの医者には目が見えぬ代わりに、患者の怪我や病状を瞬時に見抜けた。見抜くと妹に的確な指示を与え、的確な処置をさせた。白い衣の女二人は姉妹で、妖怪の医者だった。


「有難うございます、みづち様、たつほ様。獲物を横取りされたことに腹を立て、この猫を化け物と勘違いし、毒の牙を使ってしまった…。お恥ずかしながら、まだまだ未熟ゆえのことでございます」


 黒い装束の女が深々と頭を下げた。


「それは仕方ないよ、私だってこんな大きい猫初めて見たもの。もしかしたら半分妖怪化しているかもしれないし」

「それに香清かせい、貴女は一匹の蛇として戦い、傷ついた相手を私たちの前に連れて来た。貴女は十分に徳のあることをしましたよ。瑠玖姫もきっと喜ぶでしょう」


「かたじけなくございます。しかし、このことは姫には御内密に…」


 香清と呼ばれた女が再び頭を下げると、医者の姉妹は顔を見合わせて笑った。



──なんだ? こいつらは一体何を言っている?


 トラは今の話を全部聞いていた。先程から蛇の匂いがプンプンしている。一体ここは何処だ?

 目を開け体が動くことを確認する、痛みはあるが立ち上がれそうだ。思い切って体を起こすと低く身構えた!


「そんな!」

「嘘!?」


 意に反し、突然立ち上がったトラに医者二人は驚く。


──何だこいつらは!?


 人の姿をしながら蛇を匂いを漂わせている。しかし、今のトラにはそんなことはどうでもよかった。目の前の黒い装束の女から憶えのある匂いを嗅ぎ取ると、トラは今にも飛び掛らんばかりに低くうなった。

 間違いない、この女は先程の黒い蛇だ!


──やはりただの蛇では無かったか! 今一度戦え! 今度こそしとめてやる!


 香清はトラの言わんとすることを覚ったのだろう。懐から苦無くないを取り出す。


「お待ちなさい、殺生はいけません。たつほ!」

「はいきた!」


 姉のみづちが割って入ると、妹のたつほはポキポキと指を鳴らす。おもむろにトラを掴むと指を喰いこませた。


──っ!!


 恐ろしい程の力でトラは掴まれ、気を失った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます