第23話 笑う孝和殿

 広和殿の居室で、はなが殿の看病をしていた。看病といっても、病にかかっているわけではないが、酒酔いで顔色の悪い殿を心配そうに見つめていた。

 苦しそうな殿の声を聞くたびに、額の布を交換する。

 そこに、坂本がやってきた。

「殿、お呼びでしょうか。」

坂本は、呼びにいった隅田と、広和殿の居室に入る。

「あのさ、昨日みたよね?」

とぎれとぎれの殿の声に、静かに耳を傾ける。

「松……なに君?」

「松山のことにございますか?」

「その松山君さ……大丈夫かな?」

「大丈夫といいますと?」

「不安なんだよね。……田島君みたいな。」

田島と言うのは、前に結城に謀反を起こそうと企んでいた家臣である。

「まさか……。」

隅田は、まさか孝和殿の重臣の松山が謀反など、考えれられないようだ。しかし、坂本はそうである可能性を考えていた。

「殿は、ご心配なさらずに。今は、酒を抜くことに集中してください。いつも酒を飲んだ後はこうなるのですか?」

「こんなの初めてだよ。」

「小野殿と仲が良いのは存じ上げました。しかし、節制ということも大切ですぞ。」

「楽しかったんだもーん。」

「酒で酔わせて相手の隙をつくり首をとったという噂もあるのです。これからは、十分お気をつけを。」

坂本は、去ろうとした。

「待って、坂本君。お父さんは、松山君のことなんか言ってる?」

「何も。」


 坂本は、すぐに秀和殿に報告した。

「広和が、松山を疑っておる?」

「はい。」

「お主と同じような目を持っておるのだな。孝和はどうだ?」

「それが、広和殿に影響されたのか、西国との通商に力を入れておるようです。厳粛な態度の孝和殿でしたので、こちらから進んで通商に励む姿に、家臣からは不満の声もあがっております。」

「何故、通商に励むことが不満なのだ?」

「これまでは待つ姿勢だったのが、こちらから積極的に動いておるからです。どっしりと構えることこそが結城の威厳でありましたので、頭を下げに伺うのが受けれられぬのでしょう。」

「孝和の家臣は、戦上手の集まりでもあるからな。ん?もしや、松山も不満も抱いておるのか?」

「はい。孝和殿が国づくりに手を出し、戦支度については後回しのようです。」

「家臣からの不満と、戦支度の後回し。それでは困るな。」

「はい。秀和殿から忠告を。」


 孝和殿は、速水に行っていた。

「これが、この前の野菜か。」

「そうだ。買う気になったか?」

孝和殿は、大きな野菜が育つ畑を見て、笑っていた。

「いや、見にきただけだ。しかし、立派な野菜だ。結城でも、このように大きな野菜が育てばいいのだが。」

孝和殿は、自ら畑に入っていく。

「汚れますぞ。」

そんな松山の注意を無視し、孝和殿は野菜を手に取った。

「みずみずしいなー。」

「そうであろう?よくわからんが、この地は土がいいそうだ。広和殿が言っておったぞ。」

「広和殿が?速水にきたのか?」

「ああ。散歩にきて、なんかの種を撒いていきおった。」

「種?なんの種か、訊いておくとしよう。」

愛想のよい孝和殿に、民が殿の持っていた野菜を持ち帰るよう勧めた。

「本当か?これ、高いのであろう?」

「よいよい。広和殿に礼を言っておいてくれ。橋本でよく売れるのじゃ。」

「ああ。ありがたくいただくぞ。」

孝和殿は、畑から上がってきた。

「これ、もらったぞ。」

「それは、よかったですな……。」

喜んでいる孝和殿は、まるで広和殿のうつけが移ったかのようであった。

 松山は、民と会話する孝和殿を、不快に感じていた。


 結城に帰る道中で、孝和殿に尋ねる。

「殿は、何故民と話すようになったのですか?」

「民の声を聞かねば、国づくりができぬからだ。」

「広和殿の真似をしておるのでしたら、私は反対です。それでは、民になめられます。」

「しかし、父上が言ったのだ。悩んだときには、広和殿を見よと。」

「見て、こうなるなとおっしゃりたかったのではないですか?広和殿のやっていることは、民の人気取りです。結城のためになるかはどうか。」

「民が喜べば、いずれ結城を潤すことになるのでないか?実際、東谷村に小屋を建て、民の結集力をあげたことで、作物の取れ高が多くなったそうではないか。」

「それは、たまたまでしょう。」

「お主は、広和殿が嫌いなのか?」

松山は、眉間にしわをよせた。

「いいえ。」


 広和殿は、ボーっとしていた。

「おはなちゃん。」

「はい?」

広和殿は、はなを自らの上に倒した。

「殿。」

「いっしょに寝よう。」

「何を言っておるのですか。まだ昼にございます。それに、酒がまだ抜けておりませぬ。」

「もう大丈夫だよー。」

「いけませぬ。」

はなは、居室から出て行った。

「どこ行くのー?」

「はなは離れにおります。夜までお休みください。」

殿は、口を膨らませ、子どものように駄々をこねた。

「おはなちゃーん。」

 はなは、酒が抜けるまで戻らぬと決めていた。それは、酒に酔わせて首をとったという話を聞いたからである。自分がいては、気を遣って眠ろうとしない殿を休ませるため、家臣に任せたのである。



 「孝和殿、結城に戻られました。野菜のようなものを持っております。」

それは、高台の番からの報告である。

「しかし、早いのう。」

秀和殿は、高台からの報告の早さを評価していた。


 孝和殿が城に着くと、秀和殿がそれを出迎えた。

「孝和、親子水入らずで、話さぬか。」

「はい。」

親子水入らずと聞けば、家臣はついてこない。ふたりは、広和殿の屋敷に向かった。

「野菜を持ってきたようじゃが。」

「はい。速水の土はよい土ということで、大きな野菜がたくさんありました。野菜の作り方なんかを訊くと、楽しそうに作り方を教えてくれました。それで、土産にとあの野菜をもらいました。」

孝和殿は、楽しそうに出来事を話した。

「ほう。お主が笑うとるとは、わしは嬉しいぞ。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます