第1章

広和殿の国づくり

第4話 おにぎりの乱

 広和殿は、おにぎりが大好物であった。

 結城の領地といえば、海、山があり、食物が豊富であるが故、献上される食物も多様であった。料理人が作る料理も好んでいたのだが、あるとき広和殿がおにぎりが食べたいと言い出したのである。

「殿、おにぎりは庶民の食べ物にございます」

 当時、おにぎりという米のみの食事は庶民の中では当たり前のことであったのだが、城に暮らす者の食事として、そのようなものはふさわしくなかったのだ。しかし、これは殿の望み。料理人はおにぎりを作り、殿に見せたのである。

 塩をまぶし、光に当てれば、白くかがやくおにぎり。殿は、おにぎりを見るなり、微笑んでいた。大きな口を開け、おにぎりに食らいついた。

「おいしー」

頬に米粒を残しながら、ふたつあったおにぎりをきれいに平らげた。



 その日も、殿はおにぎりを望まれた。料理人はまたおにぎりを作り、殿に見せた。

「おいしー」

そうおにぎりを頬張る殿であったが、なにか疑問を抱いているようだった。

「なんで、具が入ってないの?」

具、というのは、おにぎりの中身を意味していた。

「おにぎりの中身といわれましても、どういうことなのか」

料理人は困り果て、殿に下がるよう命じられてしまった。



 その日も、殿はおにぎりを望まれた。しかし、料理を待っていられないのか、台所へ向かった。

 台所の料理人たちは、さぞかし驚いたであろう。殿が台所にくることなど、めったにないことである。殿を見るなり、手を止め、頭を下げた。

「おにぎり作ってる?」

「はい」

作ったおにぎりを皿に並べていたところであった。殿は、台所を見渡し、蒸していた鮭を見つけると、身をほぐしはじめた。

「こうやって……」

おにぎりを手に取り、ふたつに割ると、なんと、鮭の身を乗せるではありませんか。そして、鮭の身を米で包み、またもとの形に戻したのである。

「これ、作って」

その様子をしかと見ていた料理人は、殿の真似事をしてみせた。

「いいじゃん。上手上手。で、海苔はある?」

「海苔はこちらに」

生海苔が水に入れられていたのを見ると、殿は、それを天日干しするよう命じた。そして、

「今日はこれでいいや」

と自身がつくったおにぎりを頬張っていた。


 その日の晩、料理人は殿から教えてもらったとおり、中身のあるおにぎりを持っていった。

しかし、殿がそれを食べるなり、カリッという音がしたのである。

「なにこれ?」

殿が口から出したのは、黒い物体であった。

「それは、海苔にございます」

殿は目を丸くし、その丸い海苔の塊をしばし眺めた。

「……飴だね、これは」

そう言うと、また口に入れ、また出し、また入れ、それを繰り返した。だが、その塊は一向に小さくならない。

「歯が痛い」

その様子をみていた家臣の隅田は、料理人に何を入れたのかを問う。

「海苔にございます」

「海苔を召し上がって、歯が痛くなるものか」

「これ、海苔じゃないから。飴」

と、口を押えながら殿は言う。

「飴?そのような得体のしれないものを殿にお出ししたのか」

「飴などというものは出しておりません」

「いいよいいよー。俺がちゃんと教えればよかった話だから」

結局、その海苔はのちに海へと戻された。


 その騒動を目にしていた秀和殿の家臣坂本は、料理人が得体のしれないものをおにぎりの中に隠したと伝えた。

「ほう、料理人がのう」

「広和殿のことを好いておらぬ故に、そのようなことをしたのかと」

「そうか」


 家臣によりそのような目論見がされる中、おにぎりの出来がよくなかったのだと、料理人たちは台所で反省会を開いていた。のりを細かく切って入れたり、乾かしたあとに何か手間を加えるのかと案を出していた。塩の気がある海苔は、鮭と同じく米によい味が出るのだが、どうすればよいものなのか。

 殿が台所に行くと、料理人が頭を下げた。

「先ほどは……」

「いいよー。教えるね」

殿は、笑顔でおにぎりづくりをはじめた。

「海苔はねー」

殿は、米を握ると、それを海苔で包んだ。

「こうするの。わかった?」

「海苔で、米を包むのですね」

「そう」

「鮭は中に、海苔は外にですか」

「中からも外からも塩で包まれ、よい塩梅あんばいになりますな」

と、料理人から賞賛の声があがった。

「それに、海苔のおかけで手に米がべたべたつかないでしょ?」

「そうですな」

「さすが殿。物知りにございます」


 料理人が得体のしれないものを料理に仕込んだと聞いた秀和殿は、皆を大広間に集めた。そして、料理人に対し、広和殿に出したおにぎりを皆に出すよう命じた。

 運ばれてきたおにぎりを見て、秀和殿は驚かれた。

「これはなんじゃ?」

「おにぎりにございます」

海苔で包まれた米を口に入れると、パリッという海苔の切れる音がした。

「これはなんじゃ?」

「海苔にございます」

食べ進めると、中から鮭がくずれたものが出てきた。

「これはなんじゃ?」

「鮭のほぐし身にございます」

「これは、お主が広和に出したおにぎりか?」

「はい。広和殿に作り方を学び、作ったおにぎりにございます」

「これは、広和が考えたのか」

「はい。米に食材を合わせ、外と中からの絶妙な塩加減が、美味であります」

殿は納得され、またひとつ、おにぎりに手をのばした。


 「おいしゅうございますな」

と家臣たちも絶賛していた。

 しかし、家臣の坂本をはじめ、このおにぎりをよく思わない者がいた。

「おにぎりなど、庶民の食べ物を」

 孝和殿は、難色を示すも、おいしさは理解していた。

「新しい味にござる」

家臣松山も、同様であった。

「はい。味付けはよいにございますが、貧相であります」


 この坂本と松山という家臣。これから広和殿にとって、重要な人物となっていく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます