第2話 殿誕生

 見事、結城を勝利に導いた男は、秀和ひでかず殿から賞賛された。本丸御殿に呼ばれると、殿から思いもしない言葉が放たれる。

「本日、この清丸きよまるを私の養子とする」

重家臣から驚嘆の声があがった。その中でも、殿の一番の側近である坂本は、殿にこう申した。

「殿、この男は清丸殿ではございません」


 清丸というのは、秀和殿のせがれである。秀和殿の子は、四人。長男坊が清丸、次男坊が竹丸、長女と次女は幼きころに病死した。悲しきことに、殿が一番可愛がっていた清丸は、ある戦で敵の人質となり殺されてしまった。その一件は、殿にとっては、誠につらい出来事であった。食事ものどを通らなくなり、一時は自害しようとも考えたそうだ。

 しかし、この出来事により、結城は戦を放棄する手段をとることとなった。

 戦を放棄する。これは、結城からは戦を仕掛けないという公約である。またこれは、敵から仕掛けられた戦には臨むことを意味する。つまり、戦を仕掛けないから協力して国づくりをしていこうという、この時代では珍しい体制をとったのである。

 そして今、この結城家に清丸が戻ってきた。いや、戻ってきてはいない。清丸はすでに亡くなっているのである。では、この男は、一体何者であるのか。


 「だから、俺は清丸じゃないの」

「わかっておる。広和ひろかずであろう」

殿は本当にわかっておるのか、その男をよく清丸と呼ぶのである。

「では、この素性もわからぬ男を養子とするということにございますか?」

「そうじゃ」

 この男が清丸ではない以上、素性が不明なのは家臣たちを困惑させた。男は自らを真下と名乗るのであるが、結城家にそのような名を持つ者はおらぬし、敵国の者と考えるのがふさわしいと思われたのである。

「広和は、結城を救ってくれたのだ」

戦にいった者には、この男が秀和殿を助けたということは知られている話だ。しかし、その奇妙な身なりと言葉を発する男が、どうしても受け入れられなかったのである。

 そんな家臣たちの不安をよそに、秀和殿は男をすんなりと受け入れた。顔立ちが清丸にそっくりで、男と清丸を重ねておったのかもしれない。

「お主は今日から、結城広和じゃ。よいな」

 こうして男は、秀和殿の養子、結城広和殿となった。広和殿は、帰る場所もないようで、その命をすんなりと受け入れたようであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます