「食べるなら、僕を」

作者 銀冠