すもう

無謀庵

すもう

 セルリアン問題も片付いて、平和なゆうえんちにて。


「ねぇかばんちゃんさぁ、また勝負のやり方教えてよぉ」

 ヘラジカを連れたライオンが、かばんに話を持ってきた。

「風船を叩くやつとか、足だけで蹴るやつじゃダメですか?」

「もっと私のパワーを活かせるのがいいな。少々消化不良だ」

 どうもこうも血の気の多いヘラジカが、もっと荒っぽい戦いを求める。

「でもケガしちゃうのいやじゃない? 力いっぱい使って、でも大ケガしないやつ、なんかないかなぁ」

「そうですねぇ……」


 かばんの提案したルールはこうだ。

 一つ、地面に書いた丸の中で勝負する。丸の外に足をついたら負け。

 一つ、丸の中でも、足の裏以外をついたら負け。

 一つ、武器は使わない。爪でひっかいたり、ぐーで叩くのもだめ。

 一つ、足や膝で蹴るのはだめ。相手の足を、自分の足で引っ掛けるのはよし。

 一つ、髪の毛を掴むのはだめ。

 つまり、相撲だ。


「鳥のフレンズさんが参加できないですけど」

「いいよいいよー。鳥の子は力自慢じゃないしさあ」

「面白そうだな。力いっぱい戦えそうだ」

 ヘラジカは乗り気、ライオンはまだ臨戦態勢な感じではなく、少しふにゃっとしている。



 ラッキービーストがきれいに描いた五メートルほどの円の中で、ヘラジカとライオンが向かい合う。

 そして間に立った審判のかばんが、手を上げて、下ろした。

「はじめ」


「うおおおお!」

「おっ、と、っとっと」

 立ち合いからまっすぐ突っ込んだヘラジカを、ライオンがまともに受け止めた。が、ひっくり返らないのがやっとで、どんどん押される。

 ネコ科にしては大きいライオンでも、ヘラジカには体格は敵わない。ずるずる後退して、ライオンの足が丸から出た。

「ヘラジカさんが押し出して勝ちです」

 かばんが宣告する。

「おおお! ライオンに勝ったぞおおお!」

 一対一での勝利に歓声を上げるヘラジカ。

「ふむ……。なるほどねぇ。でもこれ、力任せに押すだけのゲームじゃないねぇ」

 ライオンの目つきが変わる。


「はじめ」

「うおおああああぁぁっ!」

 次の勝負は、ライオンは突進するヘラジカを受け止めず、身をかわして足をかけた。前のめりに転ぶヘラジカ。

「ヘラジカさんがころんだので、ライオンさんの勝ちです」

「うぬぬぬ。ちゃんと捕まえてから押さないと……」

 ヘラジカにもまた、気付きがある。



 程なく、力自慢の大型フレンズたちの間で、この遊びが流行っていった。

 単純な押し・突き・体当たり、それを避けて転ばせる。腰のあたりで服を掴んで、そのまま押したり引っ張ったり。いろいろな手が開発されていく。



 そして催された大会。

 その決勝の土俵には、今までのイメージからは、ちょっと意外なふたりが立っている。

 ライオンでもヘラジカでもない。ヒグマでも、オーロックスでも、サーバルやジャガーでもない。

 カバと、シロサイだ。

「さあ、この私の力の前にひれ伏しなさーい!」

「ふふ。力だけで勝てると思いますの?」

 シロサイは闘志あらわ。カバは、大きく背中をそらして体を伸ばす。


「はじめ」

 直後、どぉん、と、体をぶつけ合っただけとは思えない、重く大きな音が響く。

 すぐお互いに、相手の服の腰あたりを掴む。一秒ほど息を整えあった。

 シロサイが前に押し進む。すぐカバも押し返す。シロサイはそれを予想していたように、左足を引いて体を開く。カバの前に出る勢いを流し、腰を掴んだ右手の力を加えて、一気につんのめらせようと仕掛けた。

 だが、カバも素早く反応し、右足を前に出して踏ん張る。低くなった姿勢から、掴んだ腰を引きつけ、下から上に押し上げるようにシロサイに体を寄せる。押し上げられて踏ん張りがきかないシロサイは、ずるずる下がっていく。

「シロサイさんが出ました。カバさんの勝ちです」

 観客のフレンズたちが「すごーい!」と唱和する。


 オーロックス曰く、

「いくらオレが力自慢といっても、敵わねえぜ。あいつ、すごく重いんだ」

 ライオン曰く、

「いやー、重すぎて技も何もなかったねぇ。足かけてもこっちが吹っ飛んじゃうんだよぉ」

 ヘラジカ曰く、

「全力で突進したら、正面から跳ね返されてしまったぞ。あまりにも重いな」

 ヒグマ曰く、

「私ならいけると思ったが甘かった。やはり重さが足りないか……」

 そんな賞賛の声を、カバは微笑した顔を一切崩さず、黙って聞いていた。



 ステージの上、プリンセスが相手を務める優勝者インタビュー。

「カバさん優勝おめでとう。強さの秘訣は何かな? やっぱり重さが大事だといわれてるけど」

「あー……秘訣はともかく、わたし、これでこの遊びは引退して、普通のフレンズに戻りますわ。もうチャンピオンって呼ぶのはやめてくれまして?」

 えー、と客席がどよめく。


 見た目や物腰通りに女性らしいカバの心は、重すぎるという賞賛を素直には受け止められなかった。勝つたびに「重い」と言われ続けることが、心にちくちくする。

 シロサイのリベンジを頑なに断るカバ。チャンピオン不在の遊びは、急速に廃れていった。

 元チャンピオンは、その後も決して、自らの戦いと体重について語ることはなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

すもう 無謀庵 @mubouan

フォロー

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のタグ

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料