気づいた唇

作者

79

30人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 読んでいて、思わず元気になれる、そんな作品に出会えました。
 お話の内容だけならそんなに大きな山場もないし、何か劇的な場面をえがいた訳ではないのですが、たったひとつ、淡い想いを抱いた人に挨拶ができて、その相手が自分の小さな変化に気がついてくれた。その小さな小さな幸せを感じる、その僅かな場面の切り取りに、ギュッと元気を詰め込んだ、そんな感じを作品を読んでいて思いました!

★★★ Excellent!!!

これはテンションが上がるっ♪
今日一日、元気に頑張れるっ♪
明日からもあの場所が楽しみになるっ♪

ほんのちょっとしたことだけど、それで元気になれて、そして恋に発展するのだなあ、と読んでいるこちらまでハッピーになれる作品です。

春にぴったりですね♪

★★★ Excellent!!!

いつもエレベーターで乗り合わせる彼。
今日までは顔を合わせて会釈するだけだった。

二人を少し前進させたものは、自分に付けたちょっとした変化。
自分が思ってるようなことは、たぶん相手も思ってるんじゃないかな、って思う。
自分の気持ちを持ち上げてくれるモノの力を借りて、ちょっと勇気を出してみれば何かが動くかもしれない。

★★★ Excellent!!!

他人からは取るに足りない変化だとしても、ささやかな違いで気持ちが高揚したり、落胆したりするのが女心。そんな女心を短い文章の中で素直に表現した作品です。

でも誰にも気付かれないのはちょっと寂しい。そんな時に誰かが気付いてくれるととっても幸せな気持ちになる。

主人公のそんな気持ちがひしひしと伝わってきました。