絵月と牡蠣フライ

作者 なっぱ(偽者)

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 絵月と牡蠣フライへのコメント

    「うまく調理してくれよなっ!」
    そう言って牡蠣は恥ずかしそうに殻を開いた。

    作者からの返信

    MIKA様

    絵月は恥ずかしそうな牡蠣を手に取り、空いた隙間にナイフをねじ込む。
    すんなりと開いた殻の中には、ふっくらとした身が詰まっていた。
    にんまりと絵月は笑って牡蠣に醤油をかける。
    牡蠣の「話が違うじゃねえか!」という声が聞こえた気がした。

    2017年3月30日 19:00