第37話

「カギがあるよ!南京錠ってヤツ!」

 「南京錠って何?」

 カッコが僕に聞いた。

 「ほら、四角い鉄のカタマリに下からカギを差してさ、開けるとUの字みたいになっているヤツ」

 「そうか!アレだ。よーし、早速下に行ってさがそう」

 英ちゃんはそう言うなり駆け出し、カッコもあとについて行く。僕も後を追おうとしたけれども、サオリはその場に立ったままだった。

 「あれ?サオリは来ないの?」

 僕は心配になってたずねた。

 「うん・・・なんだか急に疲れちゃって。ごめんね、先に行って。わたしはちょっとここで休んでる」

 「そうなんだ、じゃちょっと行ってくるよ。何か飲み物でも持ってこようか?」

 「ありがと。孝くんはやさしいね。だいじょうぶ。わたしね、さっきのピアノ、本当に感動した。あれ、なんて曲なの」

 「ああ、あれはベートーヴェンの月光だよ。すごい有名な曲なんだよ」

 「月光か・・・すてきな曲名。また聴きたいな」

 「いつでも弾いてあげるよ。でも、さっきみたいな演奏は二度とできないかもしれないけどね」

 ぼくはそう言うと工具売り場に向かった。エスカレーターを降りかけたその時、かすかに

 ――ラン、ラ、ラン・・・

 というサオリの歌声が聴こえてきた。僕は一瞬立ち止まってそのメロディを聴いた。『月光』だった。ぼくのピアノよりもその歌声はさらに美しかった。いつまでもそこで歌を聴いていたかったけれど、一刻も早く二人のところに行って帰る方法を考えなきゃならない。僕は思い切ってその場を立ち去った。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!