月光

第32話

 ここへ来て、何日がたったんだろう。とにかく、僕らはまだリリィで暮らしていた。別に不自由することなんかなかった。ヒマになれば(というかヒマしかないけど)ゲームコーナーで好きなだけ遊べるし、マンガだって床に寝っ転がって読み放題だ。プールも気が向いたらいつでも泳げる。自転車やローラーブレードで(昼間なら)好きなところに行ける。まあ、どこに行っても崩れた建物ばかりだけれど。

 あるときはフードコートの店の設備を勝手に使ってたこ焼きパーティをした。カッコの作ったたこ焼きはヒドかった。やっぱりサオリは女の子だけあって、上手に焼いた。またあるときはラーメン屋ではいろんな味のスープを混ぜてみた。その結果、やっぱりミソラーメンが一番おいしい、ということになった。特製ハンバーガーを作った。英ちゃんはケチャップを目茶苦茶にかけまくって、残した。だいぶ汚したまま店をほうっておいたけれど、次の日にはなぜかすべてがきれいになっていた。僕らは動物園のオリの中で暮らす動物のように、ただ毎日を過ごし続けた。

 サオリは時々姿を消した。でも、僕はサオリがどこへ行くのか大体分かっていた。というのは、何度か屋上へつながるあの二階の通路に入っていくのを見たことがあったから。行き先はその先にある、あの神社に違いない。なんでそんなにあの神社にこだわるんだろ。でも、それをサオリに聞いてもきっと理由は教えてくれないだろう。サオリは、なにか僕らに秘密がある気がする。もちろん、僕らに対して悪意はないみたいだけど。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!