第140話「キャンプファイヤーでもしますか」

「今日も順調に5階分進めましたね」


「9階の階層主もなんとかなったしな」


「書くまでもなかったってことでしょうね」


「またはいちいち書くのが面倒だったのかしら」


「いや、長くなりそうだから泣く泣く省いたのかもしれないぞ?」


「あの作者ですからそれはないですよー」


「そうね、それはありえないわ」


「「「あははははー」」」


「お主ら、なんて会話をしておるのじゃ…」


「さぁなんの会話でしょうね…それじゃあ準備も出来ましたし、キャンプファイヤーでもしますか」


「まさか本気でやるとは思わんかったぞ…」


「太郎、私も自分を縛り終えたわ」


「…え、それを僕にどうしろと? あぁ、丸焼きにすればいいんですね、分かりました」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!