第141話「えぇ、丸焼きにしましたからね」

「…太郎、これ美味しいな」


「えぇ、丸焼きにしましたからね。炭火を使いましたから中までしっかり火が通っているでしょう?」


「うむ、ビックボアがこんなに美味しいとはのう」


「…私は縛ったまま放置プレイなのね」


「ユノ、言葉は不満気なのに顔がにやけてますよ」


「なぁ太郎よ、一応ユノにも肉を食わせた方が良いのではないかの?」


「それもそうですね。仕方ないですが縄を解きますか…」


「…ちょ、ちょっと、なんで縄に手をかけて止まってるのよ」


「それじゃあ僕が縄を解こうとすると残念そうな顔をするのを止めてもらえませんかね?」


「それはあれよ、解かれたくないという本能的なやつなのよ」


「やっぱり放置しますか、本人も楽しんでますし」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!