第135話「わ、妾がおかしいのかのう…?」

「ひとまずセーフティゾーンまでは行きたいですね」


「このダンジョンは5階ごとにあるんだっけか?」


「全部で20階だから今日中に5階までは進みたいわね」


「き、急に真面目にやられても対応に困るのじゃが…」


「真面目にやるに決まってるじゃないですか。だって真面目にやらないと…」


「やらないと、なんなのじゃ?」


「真面目にやってセーフティゾーンに行かないとキャンプファイヤーが出来ないじゃないですか」


「そうしないと魔物を誘き寄せてしまうものね」


「たしかに魔物を誘き寄せてしまったら、落ち着いて小学生のプロマイドを見る時間もないからな」


「お主らには遊ばないという選択肢はないのかの…?」


「「「ない」わ」です」


「わ、妾がおかしいのかのう…?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!