第129話「…とにかく供養しようか」

「ワンちゃん、死んじゃいましたね…」


「そうだな」


「やっぱりこの巣穴には毒霧が…」


「…とにかく供養しようか。こんなところじゃあれだし、地上まで連れていこう」


「そうしましょうか、ここじゃかわいそうですしね」


 ーー


「よし、穴を掘るとするか!」


「穴堀りは任せました! …あれ、向こうの方からギルドマスターが」


「ヒナタさーん! タケゾウさーん!」


「どうしたんだ、ギルドマスター」


「いやー、お二人がクエストからなかなか帰ってこないもんスから」


「「…」」


「どうしたんスか?」


「…ヒナタ、言ってやれ」


「はい…実はケルベロス討伐する前に、出会ったワンちゃんが死んじゃったので供養しようかと」


「いや、その犬がケルベロスなんスけど…」



ーーーーーーーーーーー


ひとまず両親の過去編その1は終了です。

太郎に戻りますよー

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!