第127話「知らない方がいいことも多いからな」

「なぁヒナタ、今さらなんだが…」


「どうしたんですか、タケゾウさん」


「なぜ巣穴の中に直接入っちゃいけないんだ? その方がケルベロス退治も早く済むと思うんだが」


「ケルベロスの巣穴には毒霧が漂っているから中に入るのは危険なんですよ」


「そんな理由だったのか。よし、入ってくる」


「タケゾウさん、話聞いてましたか? 毒ですよ?」


「安心して待ってろ、ヒナタ。俺は世界で一番恐ろしい毒を知っている」


「へぇ、私は知りませんから、私と会う前のことですか?」


「いや、ヒナタと会ってすぐだな。俺が初めて死を覚悟した瞬間だったよ」


「た、タケゾウさんが死を覚悟するだなんて。世の中には知らないことだらけです」


「知らない方がいいことも多いからな」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!