第109話「あ、深い意味はないよ?」

「お兄ちゃん、久しぶりに遊ぼうよー」


「たしかに最近は全然遊んでなかったしな…」


「…お兄ちゃん?」


「あ、深い意味はないよ?」


「私はまだ何も言ってないよ!?」


「ごめん、心の声が聞こえた気がした」


「お、お兄ちゃんが壊れた」


「それじゃあ何して遊ぼうか」


「うーん、童心に帰ってかくれんぼとかどうかな?」


「ミネルバの得意分野か。いいよ、かくれんぼをしよう」


「別にかくれんぼが得意分野になった覚えはないんだけど…」


「じゃあミネルバは隠れなよ、10秒数えるから」


 ーー


「ーー、9、10っと。よし、気合い入れて探すぞ…ん?」


(お兄ちゃん、固まってどうしたんだろう?)


「み、ミネルバの霊圧が消えた…!?」


「霊圧って何!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!