第110話「110」

「ソウタ、そんなにキョロキョロしてどうしたんですか」


「なんか嫌な予感がしてな」


「また何か悪いことやらかしたんですか?」


「おい、またってなんだよ、またって」


「悪いことといえば小学校への無断侵入とか幼女の盗撮とかじゃないですかね」


「はっはっは…太郎は俺に死ねと?」


「そんなガチトーンで言うことじゃないですよ、それ」


「たしかにさっき、小学校に無断侵入して幼女を撮影してきたばかりだが…」


「それが原因ですよ」


「なぜだ?」


「110」


「な、なんだその数字は…? 寒気が止まらなくなってきたぞ…」


「あー、たしかにソウタはやることやってますし、そうでしょうね」


「深い意味はないはずなのに、なんなんだその不吉な数字は!?」


「まぁそういう数字ですよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!