第97話「…ちょっと手が滑っちゃっただけなんだから!」

「紹介しましょう、鎖鎌型魔道具のカマちゃんです」


『さ、さっきのはちょっとテンションが上がりすぎちゃっただけだからね!』


「普通に喋っておるのじゃが、使えるのかの?」


「魔力を通せば戦闘補助機能もつきます」


『べ、別にあんたを手伝う訳じゃないから!』


「さらにツンデレ機能も強制的につきます」


「カマちゃんなのに、そんなにかわいい声でいいのかしら…?」


「…太郎、俺にもカマちゃんを作っーー」


「もはや無機物にまで手を出し始めたロリコンは放っておきましょう」


「っ! ゴブリンが来たのじゃ!」


「ギャギャーー」


 スパパパーン。


「…勝手に鎌が飛んでいってゴブリンが細切れなんじゃが」


『…ちょっと手が滑っちゃっただけなんだから!』

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!