第90話「ちゃんと沸騰してるじゃないのー」

「太郎ー、お風呂沸いたから先に入っちゃいなさい」


「え、僕が一番風呂でいいんですか?」


「別に気にすることはないから、さっさと入ってきなさいよ?」


「…分かりました、それじゃあ先に入ってきます」


 ーー


「…は? え、なにこれ」


 ーー


「ーーちょっといいですか、母さん」


「あら、どうしたの?」


「今日の風呂を沸かしたのは誰ですかね?」


「今日は私がお風呂を沸かしたわ」


「ゴポゴポ言ってましたけど、蒸気やばかったですけど、あれに入れって正気ですか?」


「ちゃんと沸騰してるじゃないのー」


「風呂は沸騰させるものじゃないんですよ」


「まぁまぁ、沸いてるのには変わらないでしょ?」


「それに入れるかどうかが問題なんですよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!