点呼

「それでは点呼を開始する。呼ばれたトイレは返事をするように」

 目の前には様々な形をしたトイレが並んでいる。

「じゃあ、まず男子から。御手洗おてあらいー」

「はいっ」真面目なトイレが答える。

かわやー」

「はい」古風なトイレが答える。

「くみ取り式ー」

「うーす」体格の大きいトイレが答える。

後架こうかー」

「うむ」坊主頭のトイレが答える。

御不浄ごふじょうー」

「はいなー」オネエなトイレが答える。

「サニタリー」

「Yeah!」ハーフなトイレが答える。

雪隠せっちんー」

「ちょっと、ちょっと。せっちんって呼ばないで下さいよー。それはあだ名ですよー」

 雪隠と呼ばれたトイレがふて腐れる。

「あぁ、悪かった。水洗トイレだな、お前は。今のことは水に流せ。水洗だけにな」

「ええ、そうします」水洗トイレは不機嫌に返事する。

「続けるぞー。男子トイレー」

「はい」生徒会長風のトイレが答える。

 そのまま点呼は続き、女子の番になった。

「よーし次、女子いくぞー。化粧室ー」

「はぁい」メイクを整えながら返事をする。

「女子トイレー」

「はい」メガネのトイレが答える。

手水ちょうずー」

「は、は……い」消え入るような小さな声で答える。

「手洗い所ー」

「……」

「おい、手洗い所はいないのか?」

 すると、他のトイレが答えた。

「手洗いさんは、今、トイレに行ってまーす」

「そうか手洗いは手洗いか。じゃあ、続けるぞー」

はばかりー」

「えぇ」遠慮がちにトイレが答える。

屁厠へがわー」

「ぷぅー」音のような声でトイレが答える。

御糞様みぐそさまー」

「あら。あたくしも? あたくしはトイレじゃなく糞なのよ」


 こうしてさらに点呼は続いていく。

 御手洗、ウォータークローゼット、仮設トイレ、厠、くみ取り式、化粧室、後架、公衆トイレ、御不浄、サニタリー、小便器、女子トイレ、女子便所、女性用トイレ、女性用便所、水洗トイレ、雪隠、男子トイレ、男子便所、男性用トイレ、男性用便所、手水、手洗い、バイオトイレ、憚り、屁厠、洋式トイレ、レストルーム、和式トイレなどと、トイレを意味する名称は多数存在しているのだ。

 このように、ひとりひとり名前を呼んで確認しているわけではないが、ここ大手トイレメーカーのトイレ工場では、今日も様々な場所で使われる、様々なトイレが、世に出て行くのであった。


 ――十一月十日は「トイレの日」。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます