第44話 ヤドリギの下で

 ややためらいながらも、しっかりとした意思を持って見据えてくる桜川の目に、俺は釘付けになった。


「今度はどうした?」

「あのね、カイト君に大事な話があるの」

「それ、後じゃダメか?」


 そういうと、目つきが厳しさを増す。


「ダメなの。どうしても、今じゃないと」

「……分かった、聞くよ。それで、何だ?」


 桜川は一瞬下を向いて溜息をつき、再び俺に向き直った。

 さっきよりも10倍増しに真っ直ぐな目が、俺を見つめる。










ね、カイト君のことが、好き」










 静かな部屋で、その言葉が響いた。

 そして俺の頭の中で、何度も何度も再生される。

 その衝撃は、今までで最も強く俺自身を揺さぶった。


「前に、言ってくれたよね。『男でも女でも、どっちでも好きにすればいい』って」


 元はと言えばコイツ自身の投げた質問なのだが、今ここで口をはさむのは無粋だろうと、黙って話を聞いていた。


「でも、この世界は2つに1つ、どっちかしか選べないようにできてる。例え、外見をどんなに変えることができたとしても。は、それがイヤだった。でも、カイト君は違った。好きなようにすればいいって、言ってくれた。それが嬉しかったんだ」


 この瞬間の桜川の笑顔を、俺はきっと忘れることはないだろう。


「カイト君がいてくれたから、今のがいる。カイト君がいてくれたから、は自由になることができた」


 だから、




「男子でも女子でもいい、いまここにいる人間としての『私』を見てくれているカイト君と、一緒にいたい」




 聞き終えてからも、俺はしばらく沈黙を保っていた。

 何を言えば良いか、どうすれば桜川を傷つけないか。

 たっぷりと考えてから、ようやく答えを返す。


「……そうか」

「カイト、君……?」

「大事な話と言うから、なんとなく予想はしていた。今日の日付もシチュエーションも、申し分ないからな」


 また少し、言葉を考える。


「何ていうんだろうな、こうやってお前に告白されて嬉しい、って思ってる自分がいるんだよ。それだけの信頼に値する人間に俺はなれてるんだな、って」

「そう、なんだ」

「もちろん。ただ、告白されて嬉しい自分がいる反面、どうしたら良いか分かんねえっていうのも否定できないんだ。何せ告白されたことなんざねぇからな、しかも男に」

「カイト、君……」

「前に言っただろう、別にお前が男でも女でもどっちでもいいんだよ、お前の好きにすれば。そういう桜川が俺は好きだ。——友達としては、な」

「……」


 やはりというか何というか、桜川は目を潤わせて、今にも決壊しようとしている涙の川を必死で抑えていた。


「ま、待ってくれ。別にお前とは付き合えないとか、そういうことじゃ全くないんだ」

「えっ……?」

「さっき言っただろう、別に告白されて悪い気は全くないんだ、むしろ嬉しいくらいだって。だけど、俺としてもよく分かんないんだよ。今自分の中にある桜川が好きだって気持ちが、お前の持ってる俺に対しての『好き』と同じ方向を向いてるのか、って」


 きっと桜川は、ありったけの勇気を出してきたんだろう。

 ならば俺も、それに応えなければならない。

 例えどんなものであろうと、素直な俺の気持ちをぶつけなければならない。

 ――例えその言葉が、桜川を傷つけるものだとしても。

 俺の考えが甘かった。


「だから……さ。こんなこと言って許されるのかどうかは分からないんだが……1つ、いいか」

「な、なに……?」


 桜川は既に涙ぐんでおり、その表情は俺の胸を鋭く刺した。


「待っててほしいんだ。ちゃんと俺が答えを出せるまで。頼む」

「カイト君……」


 正直、土下座したい気分だ。

 けどそんなパフォーマンスに意味はないだろう。


「……カイト君、ボクからも1つだけ、いい?」

「ああ」

「ちょっと、いい?」


 手招きに応じて、1歩近づいた。

 桜川の右手が、俺の顔と同じ高さまで上がる。

 そして。

 何かが破裂したような音が、部屋中に響く。

 それと同時に、俺の左頬全体に、胸の痛みよりも鋭い痛みが広がる。

 更にその直後、みぞおち付近に軽い衝撃が走った。

 体を何かで縛られたような感覚と、腹部の柔らかな暖かさ。

 桜川が、しがみついて泣いていた。

 腹の底から叫ぶような、しかしくぐもった声。


「カイト君の、バカッ……!!」


 本当は今すぐにでも抱き締めてやりたい。その頭を優しく撫でてやりたい。

 でも、今の俺にそんな資格はない。

 抱きついたまま、自分の涙を俺の服にたっぷりとしみこませると、桜川はようやく離れた。

 大きく息を吸って、口を開く。


「カイト君、ありがとう。ちゃんと言ってくれて。それでこそ、の大好きなカイト君だよ」


 しかしそう言った笑顔は、目元が真っ赤に腫れていた。


、待ってるから。カイト君が、ちゃんと答えを出してくれるまで、ちゃんと待ちたい。カイト君も、忘れないで。が待ってる、ってこと」

「ああ、分かったよ。でも待てなくなったら、お前の好きにしてくれていい。それで、いいか?」

「そんな変な気遣いしてくれなくても、ちゃんと待てるよ」

「そうか」


 その後は何もなかったように、明日の準備をして床についた。

 お互いの方を、向くことはなく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます