幕間

第21話 転校生

 結論から、書く。

 秋休みのうちに、桜川真は転校した。




 秋休み明け、初日。

 俺の隣はSHR直前になっても空席のまま。

 それに不審を抱いたクラスメイトが、異口同音で俺に尋ねた。


「まこぴーどうしたの?」

「知らん」


 そうとしか言えない。

 俺だって事の推移は聞かされていないから、詳しいところは全くもって分からん。




 8時20分。チャイムと共に担任がやってきた。


「皆さーん、席についてくださーい」


 平静を装って入るが、どこか挙動不審。

 日直の号令が終わると、開口一番にこんなことを告げた。


「えーっと、今日から転入生が加わります。どうぞー」


 担任が微妙な顔をして、転入生を呼んだ。

 へぇー、こんな時期に転入生ですか。

 すると教室に入ってきたのは、俺の見慣れた顔だった。


 あごのラインまで伸びた、ややショートカット気味の黒髪。

 ショートボブ、と言うのだろうか。

 制服はスカートを短くすることもなく、校則通りに着ている。

 顔立ちは男子にも女子にも見える、中性。

 身長は、俺よりも頭1つ分くらい低いように見える。


。よろしくお願いします。……あ、ちなみにはオトコノコなので」

『はぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!?!?!?!?!?』


 ちなみに俺は知っていたので驚きもしなかった。

 ただし、こんなお笑いのような話を秘密裏に聞かされたのが、つい昨日のこと。

 俺は阿鼻叫喚(?)を傍観しながら、秋休みの出来事を思い返していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます