第4話 見知らぬ、少年

「明日からゴールデンウイークかぁ」


 4月最後の放課後、珍しくなく俺を呼び出した桜川は、部屋のパイプ椅子に力なく座っていた。というより、(見た目)女子のしかも生徒会長がそんなだらしなくて良いのだろうか。


「うー、暑いよぉ」

「しょうがないだろ、この部屋冷房ねえし」


 暦の上でもまだ春なのに、今日はまるで夏のような天気だった。


「プール行きたいなぁ。それか海」

「海開きはまだ先の話だぞ」

「なんでもいいけど泳ぎたいよぉ」


 小学生かよ。

 奴が頬を膨らませている様子は、俺でも可愛いと思ってしまうほどだったし、その水着姿を見てみたいと心の片隅では思う。

 ……だが、男である。二次元と三次元は別物だ、幾らこいつが「かわいい女子」であろうと、本質は男だ。


「ねぇ」

「なんだ」

「デートしない?」

「悪いな、野郎同士でデートする趣味はないんだ」

「大丈夫。この前お姉ちゃんが帰って来たときにコーデ教わったから」


 何が大丈夫なんだ。


「男物くらいあるだろう」

「無くもないけど、そっちのほうがいいじゃん?」

「俺がよくねぇよ。2人で出かけるのは別にいいが、せめて普通の服装にしてくれ」

「普通だよ」

「お前は男だろうが!!」


 俺が声を荒らげると、急に桜川の表情が冷たくなった。


「……僕にとってはそれが普通だよ、それにたかだか服装くらい何だっていいじゃないか」


 お互い、無言になる。

 天井付近で扇風機の動く音だけがやけに大きく響いた。


「だけどな、」


 俺の言葉を遮るように立ち上がると、やや斜め上で対面する。


「そこまで言うなら男の恰好で行くよ。それなら文句ないんでしょ」

「ああ」


 半ば喧嘩別れに終わったが、かくして2人で出かけることと相成った。




 翌日、駅の改札口。

 休日のためか人の流れはいつもより細い。

 ここ最近は女子の制服姿でしか奴を見る機会がなかったので、奴がどんな服で来るのかそれはそれで気になる。


「おーい」


 人の流れの中に、1人手を振っているのを見つけた。


「おお、来たか……って、お前、それ……」


 確かに約束通り男装(こういう表現はおかしいような気もするが)だが、あまりのギャップに声を失う。

 センスが悪いとか地味すぎるとか、そういったものではない。

 合わないのだ。

 何というか、幼さを感じさせる服装だった。

 いや、これは確かにメンズサイズだ。なのにどこかがおかしいとしか思えなかった。


「だから嫌だって言ったのに」


 ぐうの音も出ない桜川の呟きに、俺は答えられなかった。




 あまり衆目にさらすのもよくないだろうと思い、急遽行先をカラオケに変更した。

 個室ならまぁ、大丈夫だろう。


「にしても……」

「分かったでしょ」


 桜川の表情は相変わらず冷たい。


「男の子の恰好するの、昔からあまり好きじゃないんだ。どんな服着ても似合わないから。でも、女の子の服なら誰よりも着こなせる自信があるよ。それに……」


 少しだけ明るい声で言う。


「それに、僕はかっこいいって言われるより可愛いって言われる方が好き。かわいいは正義! なんてね」


 テーブルのドリンクを1口飲み、小さくため息をついた。


「でもまぁ、男子ばっかにモテてもしょうがないんだけどねー。女の子にモテたい」

「その言葉聞いたら学校の連中は何て思うんだろうな」

「知らない。そんなことどうでもいい」


 不意に立ち上がると、壁に備え付けの端末を操作する。


「せっかく来てるから、憂さ晴らしにじゃんじゃん歌っちゃおうかな」


 テレビ画面に映し出されたタイトルは、俺の好きな女性歌手の代表曲だった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます