第3話 生徒総会

  4月某日の昼休み。

 俺たち生徒会役員は体育館に集められていたが、既に先客としてほかの委員会役員がいた。人数が多いので名前は列挙しない。


 総勢45名の部隊を指揮するのは、もちろん俺が上司に戴く生徒会長である。

 トラメガを持ってステージで仁王立ち……とまではいかずとも、それは実に堂々とした面持ちであった。


「えー、皆さん知っての通り時間もないので手短にいきます。まず、ここから椅子を……えーと、50脚出します」


 右足のつま先でステージの床を2度ほど踏み鳴らす。


「そのあと、長机を――」


 続きを言いかけた瞬間、よろめいてステージから転げ落ちた。


「まずい」


 空中で受け止めようとするが、タイミングが合わない。

 しょうがないと、俺は仰向けになり体全体で桜川を受け止めた。


「いったー……」

「うおっ……」


 昼に食べたものの中身が出てきそうだ。


「だ、大丈夫か……?」

「あ、ありがとう……って、えっ!?」


 前がやけに暗い。というか顔全体に布が覆いかぶさっている気がする。

 頭上の障害物が取り除かれ、桜川が俺の体から降りる。

 上半身を持ち上げてみると、いわゆる「女の子座り」でスカートの前を押さえ、赤面している女子生徒が居た。

 ……つまり、桜川のスカートが落下傘のようになり、たまたま下にいた俺に覆いかぶさる形になった、と。そういうことか。


「もしかして、み、見てないよね……?」


 首肯する。

 男の下着なんぞ興味もないし、そもそもスパッツ穿いてたじゃねえか。

 桜川は立ち上がって1度咳払いをすると、話を再開した。


「長机の配置は中心に2脚、それぞれ左右に1脚当たり3人座れる感じで置いてください。質問はありますか? ……ないようなので、さっさと作業を始めてください」


 ぞろぞろと動き出す役員たちを見て、俺も椅子の運び出しなどを手伝う。

 ……ところで、アイツは昼間どっちを穿いているのだろうか。




 ちょうど午後の予鈴が鳴ったころ、総会の設営が完了した。


「では、5限目終了後はリハ通りでお願いします。総会終了後は一旦教室に戻った後、再集合で。以上解散!」


 役員たちが出たあと、扉が開けっ放しになっているのを確認してから、それぞれの教室に戻った。




「……起きて!」


 突然後頭部をたたかれ、目から火花を散らしながら起きる。

 頭の再起動が始まらないうちに教室から引っ張り出された。


「本番なんだから早く起きて!!」


 耳元で叫ぶな、うるさい。


「……起きてるよ」

「急いで、もうみんな着いてるの」

「へいへい」


 体育館に入ると、航がプロジェクターの調整をしているのが見えた。

 その隣であたふたしているのは朝倉だろう。


「私はマイクチェックの方行くから、ここで誘導やって」

「了解」


 扉の中へ飛び込むのを確認はしない。

 俺はヌーの群れのように入ってくる生徒たちに、ここで靴を履き替えるな、中でやれなどと叫んだ。




 6限目のチャイムが鳴り、やってくる生徒の数が減ってきたところで続けて中へ入り、生徒会役員の席に座った。

 隣では執行委員会の議長が静かにしろなどと呼びかけを続けている。

 それも収まると、議長は再びマイクを握った。


「これより、第1回生徒総会を開会します」




「……以上で総会は閉会とします。先生方から諸連絡はございますか?」


 というお決まりの文句のあと、またぞろぞろと生徒たちが各教室へ戻っていく。

 俺たちは教室に荷物を置きにいくだけで、再び体育館へ。

 PCは先に航が戻しておいたらしい。

 陣頭指揮を執るまでもなく、残っていた役員たちがてきぱきと進めており、残りの椅子や机を片付けるだけでよかった。


「生徒総会、最後までお疲れ様でした。ご協力ありがとうございました」


 桜川が締めに挨拶をし、お開きとなった。

 生徒会役員は生徒会室で反省会を開く。


「みんなお疲れ様。初めての2人はどうだった?」

「結構疲れますね」

「大変でした……」


 お前のドジのせいでこっちが大変だったよ、と口をはさみたい衝動を抑える。


「反省会とは言ったけど、まぁ固いことやっても仕方ないし……今日はこれで解散にします。土曜日の放課後に、駅前のレストランで打ち上げでもやりましょうか」

「予算の方はいくらのつもりなんだ?」

「ふっふ……私のおごりにしてあ・げ・る♪」

「おお……」


 中学生組がどよめく。


「というわけで、今日は解散」

『お疲れ様でした!』


 やけに元気な声を出していたのは誰か、言うまでもなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます