第6章 動き出す流れ

第143話 魔女の棲む島 その1

 霧が漂う海上を、ディーネが操舵する舟はまるで滑るようにして走っていった。


 そして……段々と海の向こうに黒い影が見えてきた。


「あれか……」


 エルナが小さな声で呟く。俺は……見覚えがあったので何も言わなかった。


 それはそうだ。少なくとも数年……俺はあの島で魔人形作りに没頭していたのだ。ある意味では故郷のような感覚すらある。


「……あそこにシコラスがいるはずだ」


 シコラス……俺に魔人形の作成方法を教えた魔女……正直、今舟を操舵しているディーネも相当の曲者だったが……アイツのニヤケ顔を思い出すと、アレほどの奴はいないと俺は確信する。


「そろそろですね~。いやぁ……それにしても本当に行くんですか~?」


 と、いきなりそれまで黙っていたディーネが、相変わらずの調子で俺とエルナにそんな事を言ってきた。


「……どういう意味だ?」


 俺がそう訊ねると、ディーネはニコニコしながら俺を見る。


「こんなことを言うのもなんですけど~、あの島に行っても、アナタ達の求めるものは得られませんよ~。たぶん」


 ニコニコしながらそんなことをいうディーネ。俺もエルナも何も言わずにただ奴のことを見ていた。


「それより~、街に戻りませんか~? 辛い現実より、楽しい幻の方が、私は良いと思うんですが~」


 ……なるほど。最後の勧誘というわけか。俺はやれやれと肩をすくめる。


「……悪いが、俺は別にお前が作り出した幻の世界……楽しいとは思えなかったんだがな」


 俺がそう言うとディーネは少し不満そうに頬を膨らませる。


「そうですか~……でも、ロスペルさん。アナタ……このままだともっと辛い思いをしますよ~? それでも、幻の世界を拒否するんですか~?」


「……くどいな。俺はもう十分辛い思いをしてきたよ。これ以上は……ないね」


 俺はそう言ったが……ディーネはまるで俺を心の中を見透かすような視線で俺を見る。


「そうですかね~……きっと、後悔しますよ~」


 それだけ言うと、ディーネはそれ以上は喋らなかった。俺もエルナも何も言わなかった。


 ただ、孤島の影だけが、まるで巨大な獣のように、俺とエルナの方に近づいてきていたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます