第138話 絡みつく過去 その3

 心が激しく揺さぶられる……これでいいのか?


 俺は思わずエルナ……エルナ? 違う。


 彼女は……リザだ。


 目の前にいるのはリザ……ようやくそう認識できた。


 そして、俺はリザにそのまま近づいていってしまう。


「リザ……俺は……」


 俺がそう言うとリザは俺の手をとって優しい目で俺を見てくれる。


「大丈夫……今度はずっと……一緒にいてあげるから」


 そういって、オレンジ色の光がリザの顔を……髪を照らす。


 綺麗な黒い髪……黒?


 リザの髪は綺麗な黒だった……本当か?


 ……違う。忘れるわけがない。リザの髪は……黒ではない。


 それと同時に俺は思い出した。


 魔人形作成の時に頭部に縫い込んだ黄金色の髪の毛のことを。


 俺が魔人形を作成した時に……殺してしまった少女のことを。


「……フッ。やれやれ……まったく……ウルスラが可愛く思えてくるくらい、アンタはクソみたいな魔女だな」


 俺はそう言ってディーネの方に振り返った。


 最初ディーネはキョトンとしていたが、すぐに悔しそうに顔を歪める。


「……後一歩の所で気づきましたか~。ざ~んねん。つまらないですね~」


 すると、ディーネはまたしても霧のように消え去った。


 まるでそれこそ、最初からそこにいなかったかのように、跡形もなく消え去った。


 ディーネが消えるとともに……俺がいたはずの小屋の風景も、一瞬にして、元の霧の町に戻ったのだった。


「……戻ったか」


 町は……既に霧に包まれていなかった。俺がリザと別れた時と同じように、死んだような町のままだった。


 俺の傍らにはエルナが倒れている。俺はエルナの肩を叩く。


「エルナ。起きろ」


「う……うぅ……ロスペル……」


 少しつらそうにしながら、エルナは目を覚ます。


「大丈夫か? 自分が誰か分かるか?」


 俺がそう言うとエルナは怪訝そう顔をして、俺のことを見る。


「……私はエルナ・エクスナー……当たり前だろう。そもそもお前こそ……どこに行っていたのだ?」


 そのセリフを聞いて、俺はホッとした。


 どうやら、記憶は混濁していないらしい。


「……何も覚えてないのか?」


「何? ……そうだな。なんだか頭に霧がかかったような……そんな感覚だ……はっ! それよりも姫様は!?」


 慌てた様子でエルナはそう言って俺に詰め寄る。


「大丈夫だ。安全な場所にいる」


 俺がそういうとエルナは安心したようだった。


 しかし……記憶をそもそもエルナは覚えていないらしい。最も、覚えていると覚えていたらで、少し面倒なことになりそうだのだが。


「そ……そうか……しかし……妙な町だな。ここは」


 エルナはそう言って、周囲を見回す。


 俺はディーネが言っていたことを思い出す。ディーネが言っていたことが全て本当ならば……この町には誰も住んでいない。


 それならば……俺はどうやって船を出したのだろうか。


 そして、あの不気味な魔女、ディーネはどこに行ったのか……


「おい、ロスペル。姫様の所に案内しろ」


 そんなことを考えていると、エルナが俺にそう言ってきた。


 実際、早くリゼの元に戻らなければいけない……俺はリゼと別れた家の方に向かうことにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます