第137話 絡みつく過去 その2

 なんだ……エルナは何を言っている……


 リザ……違う。リザじゃない。


 リザは、俺が……


「どうしたの? ロスペル? 顔色が……」


 心配そうな顔でエルナはそう言う。そうだ。コイツはエルナだ……今までずっと旅を一緒にしてきた。


「……エルナ。やめてくれ。俺は……」


「ロスペル……大丈夫。戦争から帰ってきて、疲れているんだよね? 少し経てば私が誰だったか、思い出してくれるよね?」


 優しくそう言うエルナ……エルナ? エルナ……本当にコイツはエルナなのか?


 エルナは……俺にこんな風に優しくなかった。こんな風に俺に優しくしてくれたのは……リザだった。


 小屋の窓の外からはオレンジ色の光が差し込んでいる……もうすぐ山の向こうに夕日も沈んでしまうだろう。


「……違う。これは、幻で――」


「本当に、幻なんですか~?」


 ふいに間延びした声が聞こえてきた。見ると、そこには青いローブを来た少女……


「お前……」


 そこにいたのは……ディーネだった。嬉しそうな笑顔で俺を見ている。


「え……ロスペル……この子……誰?」


 エルナが不安そうにそう言う。いきなりどこからともなく現れたディーネは確かに不思議な存在だった。


「……少し黙っていてくれ」


 俺がそう言うとエルナは不安そう顔で小さく頷いた。


「……お前が言ったんだぞ? これが幻だって」


「ええ~。実際、幻ですよ~? ですが、この世界を拒否する必要があるんですか~?」


 ディーネはそう言ってニヤニヤとした、魔女特有の不気味な笑みを浮かべる。


「この世界は……アナタが望んだ世界ですよ~? アナタの幼馴染が生きていて~、村の中でもアナタは除け者にされていない……今のアナタの状況より良いじゃないですか~?」


「違う! コイツは……リザじゃない! エルナだ!」


「うふふ~。関係ありませんよ~。その女性は、アナタの幼馴染を演じることを、苦痛だと思っていない……それどころか、元の自分ではない、別の人間になりたがっていた……だから、自分をアナタの幼馴染だと言い張っているんじゃないですか~」


 そう言われて俺はエルナを見る……エルナは心配そうに俺のことを見ていた。


「ロスペル……ね? 私は平気だから……また、一緒にやり直そう」


 ……そのセリフは……俺がリザに求めていたセリフだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます