第121話 安心できる場所 その1

 エルナがそう言ってから、しばらく俺と奴の間には、完全な沈黙が流れる。


 ……一体コイツはなんと言ったのか。


 正直、理解できなかったし……理解したくなかった。


「……えっと、どうした?」


 俺は思わずそう訊ねてしまった。


 エルナは少し困った顔で俺を見てから、なぜか申し訳なさそうに目を逸らす。


「だ、だから……その……姫様はそういう対象として見られないのだろう? わ、私はどうか、と聞いているんだ……」


 なぜか喋っている最中から声が小さくなっていく。なぜコイツは話を切り出したのに、弱気になっているのだろうか。


「……そういう目で、見られたいのか?」


 俺がそう言うとエルナは顔を真っ赤にする。そして、少し不機嫌そうな目で俺のことを見る。


「……ま、まるで私が……変態だと言いたいような……言い方だな」


「え……違うのか?」


「ち、違う! お、お前なぁ……わ、私は別にお前のことが好きとか、そういう意味でこんな恥ずかしい事を言っているのではない」


 なぜか、観念したかのようにエルナはそう言う。どうやら、単純に発情シているわけではないようなので、俺は話を聞くことにした。


「……なんだ。どういう意味で言っている?」


「……前に、皇帝の暗殺の話があっただろう? 私は……皇帝が今どんな状態なのか知っている」


 そう言われて俺は何も言えなかった。ウルスラが言っていたこと、そして、ウルスラがリゼに興味を持っていた理由……


「……人形、なのか? リゼと同じように」


 すると、エルナは少し自嘲気味の笑みを浮かべながら俺を見る。


「いや……皇帝……仮にも我が父は、少し強欲過ぎたらしい。奴は……不死身の身体を手に入れようとしたばかりに、逆に不自由な身体を手に入れたようだ」


「……つまり、リゼのような……完全な人形ではないということか?」


 俺がそう訊ねると、エルナは何も言わなかったが、小さく頷いた。


「……私は、姫様を人形にしたお前を許すことは出来ない。だが……姫様があの男のような身体にならなかったことだけは……安心している」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!