第114話 優しさの理由 その1

「……なんだって?」


「言葉の通りさ。僕は帝国の研究者だよ? そして、僕にとっては君は帝国に連れて帰りたい存在なのさ。だから……今すぐこの家を出てテンペスに僕と向かわないかい?」


 ウルスラは相変わらずニヤニヤとした……それこそ、シコラスそっくりの表情をしていたが……冗談を言っているようには見えなかった。


 本気で、俺と二人でテンペスへと行こうとしているようなのであった。


「……はっ。冗談キツいぜ」


 俺は思わずそう言ってしまった。ウルスラはキョトンとした顔で俺を見る。


「お前と二人で? ……百歩譲って、フランチェスカとなら一緒に行ってやってもいいぜ」


「ほぉ……君はフランチェスカみたいなのがタイプなのかい?」


「……お前よりはマシだって話だ。いいか? 俺はお前を信用していない。それなのに、お前と二人きりで行動するなんて危険すぎる。だから、お断りだ」


 俺がそう言うとウルスラはニンマリと微笑んだ。コイツは……何かまた企んでいることがあるようである。


「……そうかい。まぁ、気が変わったら言ってくれ。おそらく、君の気は変わると思うけど」


 そう自信満々に言って、ウルスラは俺の部屋から出ていった。


 気が変わる? あり得ない話だ。ウルスラと二人きりで、リゼを置いて出ていってしまうなんて……そんなの……


 しかし、俺の脳裏にはウルスラが言った言葉が思い浮かぶ。


 仮にシコラスに出会ったとしても……リゼを元に戻す方法なんて知らないのかもしれない。


 そもそも、弟子のウルスラが魔人形生成に失敗しているのだ。シコラスだって知っているかどうか相当怪しいものである。


 俺は再びベッドに腰掛ける。リゼに……本当のことを話してしまったほうが良いのだろうか。


 それとともにリゼが悲しんだ時の顔……俺が知っているリザの絶望した時の顔が頭に浮かんでくる。


 見たくない……そんな表情はみたくない。


 それならば、いっそ――


「……馬鹿か。俺は」


 そうしてしまえば、ウルスラの思う壺ではないか……俺はそんな考えを今一度捨て去って、ベッドに横になる。


 薄暗い部屋で、何時間経ったか……覚醒しているのかいないのかわからない状態で俺は起き上がった。


 その時だった。コンコンと、扉を叩く音がする。


「……ウルスラか」


 俺はめんどくさげに立ち上がり、扉を開く。


「残念だが、まだ気は変わってな――」


 しかし、扉の前に立っていたのは……ウルスラではなかった。


「あ……お邪魔、でしたか?」


 扉の前に立っていたのは……少し困ったような顔で俺のことを見る、リゼの姿なのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます