第45話 魂胆と目的 その1

 それにしても、ウルスラのニヤニヤ笑い……どこかで見たことがあると思えば、シコラスの笑い方に酷く似ているのだった。


 コイツも知り合いのようだし……魔女というのは似たような人種になるのだろうか。


「酷いなぁ、いきなり殺すなんて。一応死んじゃっているんだよ?」


 俺はそんなどうでもいい言葉を無視し、ウルスラを見つめる。ウルスラはといえば、額の短剣を何事もなかったかのように引き抜き、傍らに置いた。


「お前……軍の人間なんだよな?」


「え? ああ、うん。そうだよ。それが?」


「お前が現れたとき疑問が幾つか浮かんだ。まず、なぜお前一人なんだ?」


「一人? 僕は一人じゃないよ? フランチェスカも一緒だ」


「……そういう意味じゃない。軍の人間が来る以上、どうしてお前一人……じゃなくてお前達一人何だと聞いているんだ」


 俺がそう聞くと、俺の聞きた事を理解したようでウルスラは一人で頷いた。


「そうだね。疑問はもっともだ。だけど、前に言ったように、これは僕の興味の問題なんだ。皇帝陛下や帝国は関係ない。僕個人が勝手に動いているだけなのさ」


「……本当か?」


 俺がそう聞くと、ウルスラは俺の方に顔を向けて、怪訝そうな顔で俺を見た。


「疑っているのかい? その理由は?」


「……戦争中、帝国では不死身の兵士を作ると言う研究をしていた噂を聞いた。そして、三年間、俺が帝国内部を探しまわって、その目当てとして見つけたのがシコラスだ。そのシコラスは魔人形生成の方法を知っていた。そして、シコラスは軍属のマイスターであるお前の師匠……どうにもお前が、ただの興味本位で俺達についてきているとは思えない」


 俺が疑問に思っていたことを言い終わると、ウルスラはゆっくりと腕を組んだ。そして、観念したかのように大きくため息をついた。


「うむ。その鋭い洞察力に免じて、そうだね……白状しよう。僕が付いてきた本当の理由、それは、君と同じだよ」


「……俺と同じ? どういうことだ?」


「ふふっ。わかるだろう? 君と同じで僕も、やってみたくなっちゃったのさ。というか、僕の場合は頼まれたっていう節もあるんだけどね」


 少しなぜか照れくさそうに、ウルスラはそう言った。そして、しばらくの沈黙の後、俺はコイツが何を言っているのか理解した。


「……魔人形を、作ったのか?」


 俺がそう訊ねると、返事の代わりにウルスラはニヤリとほほ笑んだ。


 その微笑みが肯定の意味だと云うことはどう見たって明確だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!