第19話 故郷 その4

「そ、そうでしたか……そ、それで、軍の方がなぜここに?」


 村長はわけがわからないようだったが、俺は思い出した。


 帝国陸軍特殊暗殺機動部隊……通称「暗機隊」。


 かつて戦争時、情勢的に不利であった第二王子側が、第一王子暗殺のために、正規の部隊とは別に、暗殺のみに特化させて鍛錬した兵士を中心に組織した部隊……


 無論、俺も戦争の時に噂で聞いたのみである。しかし、暗機隊はかなりの戦果を上げたと聞いたこともある。


 その部隊所属の少尉とやらがなぜここにいるかはわからないが、とにかくソイツはもし肩書通りの身分ならば、おおよそこの場にはそぐわない存在であるわけだ。


 俺がそんな風にしてソイツを見ていると、エルナと名乗った少女は俺と人形を鋭い視線で睨みつけた。


「そこの男、ロスペル・アッカルドに話がある」


 そういって少女は俺をさらに鋭い視線で睨みつける。それこそ、まるで俺に何か恨みでもあるかのような視線だった。


「お、お待ちください! その物はもしかすると人殺しかもしれない危険な男でして……」


「もしかすると? 馬鹿なことを言うな。コイツは現在帝国領土内で指名手配中の罪人だ」


「ざ、罪人? ろ、ロスペルは何をしたのですか?」


「何をした? 人殺しだよ」


「で、ですから、コイツは既に十年前に……」


「いや、最近もコイツは人を殺している」


 俺も驚きだった。確かに、俺は人を殺した。それだけでなく、殺したソイツの魂を人形の中に押し込んでしまった。罪人であることに間違いはない。


 だが、指名手配になるほど人を殺した憶えはない。帝国内は治安が悪く、盗み、殺しなどは日常茶飯事で、人を一人殺した程度では、捕まることはあっても、指名手配にはならない。


 それこそ、余程の重要人物や身分の高い人間を殺さない限りは……


「こ、殺したって……誰を?」


 村人の誰かのその質問に軍人はもう一度俺をにらんだ後で、その後ろに立っていた人形を見て、悲しそうな顔をした。


「……コイツが殺したのは……先の戦争で死刑となった第二王子、アウグスト・フォン・ベルンシュタイン様のご息女、リゼ・フォン・ベルンシュタイン様だ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!