名も知らない猫の写真をずっと持ってる


 良い天気だなあ、とふらり公園に寄れば、ひなたぼっこをする猫がいる。かわいいなあとカメラを構えると「わかってますよ」とでも言うようにごろんと腹を見せる猫。

 釣られるままに撫でて、写真を撮って、自分もひなたぼっこに興じる。

「お前はいつもここにいるの?」

 とか、猫に話しかけたりして。なんてのんびりした日だろうか。


 そんな思い出をなくしたくなくて、偶然出会った名も知らない猫の写真をずっとフォルダに残している。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

たねも仕掛けもオチもない日々 海月智 @limpflig

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ