信号ないぞ、そこ

 例えば頭の中、あるいは背中、ああ背後霊でいいや、そういう存在が私の気づいていないことを指摘してくれたらいいのに。

 信号のない横断歩道でぼんやりと立ち止まってしまった。車の信号に合わせて渡ればいいことはわかっていたはずなのに、車が止まっていないにも関わらず私は止まってしまった。

 暇つぶしに軽く足踏みをして、背伸びをして、はっとする。

 信号ないじゃん、ここ。

 車の信号を確認する。青だ。じゃあ渡っていいじゃないか。

 ぼんやりしていたなあと反省する。誰かに見られただろうかと恥ずかしくもなる。

 こういう時、私のぼんやりを指摘してくれる誰か、あるいは何かがいてくれたらよかったのに。

……いや、いたとして気持ちのいいものではないかもしれないけれど。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます