こころのけしき

作者 かさかさたろう

43

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

古い、あまり色彩のはっきりしない、しかし人の表情だけはやけにくっきりした、美しい映画を見ているみたいな小説でした。

私は「情けなし」が好きでした。自分が女だからか、よく考えるとフィクションを読んで父親に感情移入することはあまりないのですが、この作品の父親は実に人間味があって、何となく「そうだよな、人は一人一人みんな違う人生を抱いてきたんだよな」などと思ったりしました。別にそういう、重ためのテーマの小説ではないですが、なんとなくそんなことを思ったりしました。
そして「宵の淵」の子どもの愛くるしさと不思議さ、そしてその子と触れ合う主人公の心の動きのこそばゆさといったら!

淡々とした、登場人物と読み手の間に一枚薄皮挟んだような文章が、この珠玉の短編集を無二のものにしているな〜と思いました。
文体がところどころ違うのが、また味わい深くていい。

★★★ Excellent!!!

一作1〜2ページでサクッと読めるショートショート集です。

山や落ちがあるタイプの作品ではなく派手さはありませんが
日本人的なわびさびを感じる作品や、少し不思議な作品が多いです。

人の感情の機微、どこか懐かしい空気など、繊細な描写に魅力を感じる方におすすめです。

★★ Very Good!!

 1話完結や2話完結のお話が主なのであらすじなどは書けませんが、しかしそれぞれとても心温まるストーリーです。
 文章は非常に読みやすく1話1話がそれほど長くもないため、どんどん読み進められてしまうのも魅力的だと思います。
 個人的に好きだったのは1話目の『親心 子心』です。不器用な父と息子の心のすれ違いと、しかしそれでも最後には触れ合うお互いの気持ちにほっこりとした気分になりました。
 文芸好きの方なら特に心地よく感じる文体だと思いますので、ぜひオススメしたいです。