6







 お話という名のお説教に一区切りがついたと一休憩挟んでいると、いつの間にかどこかへ行っていた海斗さんがお腹をおさえながら綾芽と一緒に戻ってきた。



 海斗さん、若干涙目なの、気のせい?


 ……あ、薫くんも一緒だ。



「このおバカ!」

「ひえっ!」



 な、なにさっ。


 いきなり大声出して言われなくても、そう思ってるところだよっ。



 薫くんが腰に手を当て、巳鶴さんの膝に座る私を見下ろしている。


 防衛本能でついつい頭を両腕で庇っていた手をそろりそろりと下におろし、耳に当てようとした。けれど、私のそのささいな抵抗は無駄な抵抗だった。


 敵は敵だけにあらず。味方にも潜んでいた。



「……あぅ」

「話はきちんと聞かなければいけませんよ」



 巳鶴さんの両手によって私の手は耳から離れ、殊勝な態度を示すかのように膝の上に固定された。



「いつもいつもいつも何かしら面倒事を持ってくるだけじゃなくて、今度は自分から引き寄せようとしだすなんて! 信じられない!」

「い、いつもじゃないもーん」

「はぁあ!?」

「……なんでもありませーん」



 ちゃんと自覚はあるけど、いつもじゃないよぅ。


 そんな鬼の面つけてるみたいな顔して怒らなくてもいいじゃないか。


 鬼より怖いなんて、夏生さんやひいおばあちゃんだけで十分だ。三人もいらない。


 ……二人も嫌だけど。



「どーせ、ヘラヘラしとけばいいとか言われたんでしょ」

「に、ニコニコだもーん」

「何だって!?」



 ぎゃー!



 薫くんが伸ばしてきた手が私の頬を鷲掴みにしてきた。


 そのままみょんみょんと弄ばれる私。



「まったく。不用意に返事をする阿呆な口はこれか。この口か」

「ひゃうー」



 凄い速さでひょっとこ顔になったり戻ったりを繰り返していく。


 やーめーてー。



「……ふん」



 何回繰り返したか分からなくなるほど続けた後、薫くんはようやく満足したのか手を離してくれた。


 でも、まだ顔は怒っているんですよねー。


 お怒りは続行中のようです。



「薫さん、やり過ぎです」



 巳鶴さんが薫くんにやられて真っ赤になった頬を優しく撫でてくれた。


 体温が低い巳鶴さんの手はとっても気持ちいい。


 思わずトローンとなっていると、すかさず薫くんから冷たい視線が飛んできた。



「……く、くつろいでましぇん」

「噛んだね。ウソだね」

「うぅー」



 あぁ。ウソじゃないと言えない自分が恨めしい。



 それにしても、薫くんがここまで怒るなんて、ただニコニコしとけばいいお手伝いだとは思えない。


 何かある。これは何かある!



「まぁまぁ。この子も察知したようやし、それくらいにしてやってくれへん?」

「あ、あやめ……」

「出た。そうやって綾芽が甘やかすから」

「甘やかしてなんかあらへんなぁ?」

「ねー」



 ……ご、ごめんなさい。



 薫くんからひと睨み頂いちゃった私は、もう黙っておこうと思う。


 これ以上余計なこと言えばご飯問題がでてきそうだもの。


 それは絶対に嫌だ。避けなければならぬ問題です。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます