2






「あやめっ!」



 案の定、門の手前で門番さん達と話し込んでいた一行の中にいた綾芽が、私の声に気づいてこちらを振り向いた。


 私の姿を認識すると、綾芽の目が大きく見開かれていく。


 他のおじさん達も皆驚いていた。


 まぁ、いつ帰るとか言ってなかったから驚くのも無理はないかもしれない。



「みんなもおかえりーっ!」



 手前にいた白戸さんの足に横からしがみついた。


 私が駆け寄ってきたから手を広げてスタンバイしていた綾芽の手は行き場を失い、スルスルとゆっくり落ちていった。



「えー」

「綾芽さんでなくていいのか?」

「え、いいよ。だって、これがさいごじゃないんだもん」

「ほぉー。言うやん」



 これが最後の別れの時ですっていうなら考えるけど、そうじゃないなら近くの人に行くよ、私は。


 だって、みーんな大好きだからね。


 そのうえ白戸さんはお菓子もくれるから……好き。



「……あ、そうだ。おかえり!」

「おぅ」

「ただいま」

「雅もな!」

「あっ! そっか! ただいまっ!」



 いってきます、いってらっしゃい、ただいま、おかえり。


 どんな時でも大事にしなきゃいけない挨拶だ。


 私が来たばかりの頃は全然だったのに、言い続けたおかげでみんなもちゃんと返してくれるようになった。


 私の教育の賜物だね。私ってば偉い。



 この後餅つきをすることを伝えようと口を開いた瞬間、ビュッと強い風が一陣吹き荒れた。


 綾芽の髪を結んでいた組紐がほどけ、風に連れていかれそうになったのを寸手のところで綾芽が取り返す。



「あかん。寒いわぁ」



 綾芽が顔にかかる髪をはらっているのを何とはなしに見ていると、フッと違う人の姿が綾芽に重なって見えた。


 女物の着物を着た、そう、何枚も重ねて着る十二単の……この前見た夢の中に出てきた女の人みたいな。



「どないしたん?」

「えっ。あ、ううん」



 前に綾芽、お母さんに間違われた時、すっごい怒ってたからなぁ。


 女の人に見えたなんて、言えない、言えない。



 でも、なんで重なって見えちゃったんだろう?


 眠くもないはずなんだけど。



 ゴシゴシと目をこすってみるけれど、あんまり意味はないと自分でも分かる。



 綾芽、下ろしてると腰の辺りまで髪があるから、それかなぁ?



 ずっと綾芽の方を見ていると、何を思ったのか、綾芽が私の身体を抱き上げた。



「あー、やっぱぬくいわぁ」

「むぅ。カイロじゃない」

「えーやん。えーやん。……ん? 自分、ちびっとばかし重ぅなった?」

「……おりる! おろしてっ!」



 薫くんや桐生さんのご飯食べてた時だって太ってなかったのに!


 絶対毎日のお茶会のせいだと思うんですのよ! 


 だって、そんなにぐうたら生活してたわけじゃないからね。ちゃんと修行してたからね。


 だから吾妻あづまさん、その服のたもとから出しかけたお菓子をそっとしまうのやめてぇ!!



 綾芽の腕を押しのけようと格闘していると、玄関先から誰かが出てくる音がした。雪駄の妙に軽快な音からして、音の主の心の余裕具合が見て取れる。



「おい、うるせぇぞ」



 着物の袂に両腕を突っ込み、肩に綿入り半纏をかけた夏生さんだ。

 年末にかけて必要な書類仕事は終わらせたらしく、後は各見回りの報告書作成くらいらしい。それは確かにわざわざ軒先まで出てくる余裕もでてくるだろう。



 夏生さんがクイッと顎を裏庭に向けて動かした。



「裏でもう海斗が準備始めてるぞ。行ってこい」

「あい!」



 それは大変だ。


 私は餅も食べたいけど、餅つきもしてみたい!



 より一層綾芽の腕を押す手に力がこもるというものだ。



「じゃあ、自分も」

「おいおいおい。なーにが自分も、だ」



 クルリと身を翻した綾芽の服の襟を夏生さんが容赦なく掴んだ。綾芽がたたらを踏むと、その手を離し、今度は片耳をぎゅっと摘まみ上げる。



「いててっ。ちょっ、耳引っ張らんといてくれまへん?」

「うるせぇ。お前はこっちで報告だろーが」



 私を片腕で抱き、もう片方の手で夏生さんの手を払おうとする綾芽の手が緩んだ隙に地面に着地。


 じゃっ!と声をかけて裏庭へ駆けた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます