羨ましきかな兄弟愛

1



◇◆◇◆




 慣れない所で眠れない……なんてことはなく、ぐっすりスヤスヤ眠って、起きたら薫くんのお師匠さんの桐生さんの美味しいご飯。最高です。



「いい食べっぷりとはこのことだな」

「まだたべれゆよ?」

「口の中に入れてる時は喋るな」

「あい」



 桐生さんがカウンターに肘をついてこっちを見てくる。


 東では私専用の特等席ならぬ特別椅子が作られてたけど、帝様の思いつきで突然やってくることになった南にその椅子はない。


 必然的にお部屋で食事をとることになるかと思いきや、そんなことはなく。



「……あ~」

「……」



 贅沢にも南のNo.2……凛さんのお膝が私の椅子だ。



「ちぇ~。俺達が全部お世話するって決めてたのに」

「葵、なんであの時グー出すんだよ~」

「そんなこと言ったって、茜だってグー出してたじゃん」

「葵がグー出しそうな顔してたから」

「え? 俺のせいってわけ?」

「……」

「……」



 おう? なんか向かいに座る葵さんと茜さんから険悪ムード漂ってきてる?



「けんかはダメよ?」

「……喧嘩なんかしてないよ?」

「うん、大丈夫。心配いらないからね」



 そうは言っても、なんだかギクシャクしてるのが丸分かりなんですけど。


 そりゃあ、二人で勝つためには二人とも同じ出し方をしなくちゃいけないだろうけど。


 どっちかが勝てばそれで良かったんじゃないのかなぁ?





 南のお屋敷滞在中の私の部屋である凛さんのお部屋で、私と凛さん、陛下と橘さんが集まって食後のお茶を飲みながら寛ぐことになった。



 さてはて。一体どうしたものか。


 葵さんと茜さんの二人の兄弟喧嘩は単なる口喧嘩では終わらなかった。


 桐生さん達は二人のことは放っておけって言うけど……ギクシャクしてるのを見るのは何か嫌だ。



「いーしやーきぃーもー」



 ……うーん困った困った。



「おいもー」



 どうしようかな?



「おいもはぁーいかがですか?」



 えぇい、気が散る!



 障子をスパーンと勢いよく開け



「おじちゃま! ひとつください!」



 ……橘さん、えーって顔しないでよ。


 美味しいでしょ? お芋。



「こら、お待ちなさい」

「たちばなしゃんもたべる?」

「いえ、私は……あっ、こらっ!」



 早く行かなきゃ焼き芋売りのおじちゃん行っちゃうんだもん。



「焼き芋とな」

「おいしぃーよ」

「橘。あれを」

「いけません。何が入っているか分からないものを陛下の口に入れるなど」

「芋を焼いているだけであろう? 食べてみたい」

「たべたいなぁ」



 陛下と私の両方向からジッと見つめられる橘さん。


 深い溜息をついて門の外へ出て行った。



 私と陛下。ご満悦です。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます