6




 お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうかもね~。


 イタズラは怖いよ~?



 そう言って回ってやっと当日。


 やってきましたハロウィンです!!



「ふーふふーん」



 着替えもバッチリやりましたよー?



 肩の部分が髑髏模様のレース柄で、上下繋がっている黒のフレアスカートに背中には羽と尻尾がついている。頭には尖った耳のカチューシャも装備済み。


 今日の私はちびっこ神様からちびっこ悪魔様に変身しました!


 皆様どうぞ悪魔っ子とお呼びくださいな。



 ちなみに本日の衣装提供元は瑠衣さんです。



 例のパンケーキを食べにお店へ行った時にお話したら、すっごく乗り気になってくれて、その足でデパートへ直行。

 

 二人でキャッキャとショッピングを楽しませてもらいました。


 荷物持ちさん、その節はどうもありがとう。


 

 今日は瑠衣さんもお仕事が終わったら着替えてきてくれるんだって!



 そんなわけで機嫌よく庭を歩いていると、丁度薬草園から出てきた巳鶴さんとばったり出会った。



「おや、可愛い悪魔さんですね」

「みつるしゃん! とりっくおあとりーと!!」

「はいはい。お菓子ですね? ちゃんと用意してありますよ」




 着物の袖に手を突っ込んで、出してきたのはペロペロキャンディーのファミリーパック。


 ちゃんとキシリトール配合なところが巳鶴さんらしい。



「ありがとう!」

「一日一個ですからね?」

「あい」



 虫歯コワイもんね。


 歯磨きはちゃんとしてますよ? 綾芽が。



 頂きましたペロペロキャンディーをこの日のために用意した白い大きな布袋に詰めた。



 それじゃあ、お次へ行くよ。


 バイバイ、巳鶴さん。研究頑張って。








 次の獲物を求めて庭を徘徊して、門の前までやって来ました悪魔っ子。


 門番さんにはお菓子もらえなくても悪戯しないよ? お仕事中だからね。


 ……おっとっと? 丁度交代の時間みたいですね。誰もいない。



「お嬢ちゃん」



 ん? お嬢ちゃんって私のこと?


 この屋敷にはお嬢ちゃんと呼ばれるのに相応しいのは私しかいない。


 ともあれ、呼称は大体そんなお上品なものじゃなくってチビとかチビ助とかだけどね。



 とりあえず、私を呼んでいると思しき声がする方へ顔を出した。



「お嬢ちゃん、おいしいお菓子をあげよう」

「おかし? とりっくおあとりーとまだいってないよ?」

「とりっく?」



 門の外にチョコレートの箱を差し出してくるおじさんが立っていた。


 このおじさんは私が散歩に出た時、よくお菓子をくれる優しいおじさんだ。



 それでも今回はトリックオアトリートを言ってからお菓子をもらうのが醍醐味なのに。

 

 まぁ、くれるっていうならもらいますよ? お菓子大好きだもの!



 門の外に出て、チョコレートの箱を受け取った。



「ありがとー、おじしゃま。もうお仕事終わったの?」

「あぁ。もうすぐ終わるんだよ」

「そうなの。ごくろーさまでしゅ」

「うん。君が一緒に来てくれたらそれで終了なのさ」

「え?」



 チョコレートを袋に詰めていたら、おじさんが急に私を抱え上げた。


 なんだかよく分からない匂いがする布を鼻に押し当てられ、ふっと遠のいていく意識。



「ごめんなぁ」



 悲しそうに呟くおじさんの声が最後に耳に届いた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます